四 十 九 日 法要。 身内だけの四十九日の準備や場所、流れ、香典、お供え物、挨拶を徹底解説

黒のストッキング• その相場についてはをご覧ください。 コートは無地の黒や紺で革、毛皮以外の素材のもの• 納骨を身内だけで行うことも多いのですが、もし納骨式を四十九日の法要と同日に行う場合にはその旨を伝え、費用も確認しましょう。 [香典返し] 通夜・葬儀に香典を頂いた相手に、お礼状を添えて香典返しを送ります。

しかし、お寺や葬儀式場などでおこなう場合は、近くにある料亭などを利用するのが一般的です。

2

相場の差はお寺との付き合い方や戒名の格によるところが大きいようだ。

忌日が平日で法要開催が難しい場合は、家族の予定を合わせて忌日前の休日に行うようにします。

18

と同様に、これをの名残りとする説と、死者の生命を継承する儀式と解釈する説がある。 (縦書きなら)その横に施主、親族が続きます。 四十九日 七七日 とは、仏教の考えかたで 「極楽浄土に行けるか否かの判決が下される日」のことをいいます。

7

法要を土日に行う場合にはお寺との都合が合わない場合もありますので、お寺の都合のつく時間を考慮したうえで始める時間を決める必要があるでしょう。 亡くなってから七日目に行う 「初七日」から、四十九日目に行う 「四十九日」までの法要を追善法要と言い、四十九日目で忌明けとなります。 忙しい中を葬儀告別式に参列して頂いたことへのお礼と、香典を頂戴したことへのお礼の言葉を入れます。

15