T クロス。 VW Tクロス(T

路面が良いと、ほんとに静かで安定していて気持ちよく走れます。

9

「TSI 1stプラス」には、全車速追従機能付きのアダプティブクルーズコントロールシステムや、駐車支援システム、プリクラッシュブレーキシステムなどの先進安全装備も標準装備されている。 フォルクスワーゲンのBセグメントSUV「Tクロス」は2019年11月27日に導入発表、2020年1月28日に販売が開始された。 ドアミラー、アルミホイール、シートなどのデザインパッケージ 特別仕様車はナビやETC2. それでも比較すれば路面凹凸に対する当たりがわずかに緩和されたので、快適性にこだわるのならあえて16インチを選ぶという選択肢もあろう。

19

【インテリア】正直可もなく不可もなくですが、価格相応で好感は持てます。 レーンキープアシストは、白線がかすれ気味の道路でも機能した。

ところが少なくとも今回、街乗りのシーンに限って言えば不足どころか予想をはるかに超えた力強さを感じられた。 ホイールベースは2560mmで、新型ポロの2550mmよりも10mm長い。

床面は完璧なフラットにはならないが気になる段差などはなく、便利に使えそうだ。

4

Twitter でフォロー• もっとも、そんなTクロスのルックスが小さいながらもなかなか力強く、十分に立派なSUVとして印象付けられるのは、長さと幅に対して全高がちょっと高めというディメンションのおかげともいえそう。 ナビ装着用スペシャルパッケージ、ナビ代等を約17~21万円足すと、 「X・Honda SENSING」は約245万円、 「HYBRID X・Honda SENSING」は約280万円となります。

10

【燃費】 私の使用環境(地方都市郊外)では17. あと最寄りの販売店は値引きがかなり渋くて、 うーんという感じでした。

15

後部座席のスライド幅は最大14cmで、455Lの広い荷室スペースも確保します。

14