中国 ウイルス テロ。 中国共産党は武漢肺炎ウイルスが人工合成であることを認めた

中国の新型コロナウイルスは武漢のウイルス研究所と海鮮市場が関係!?バイオテロ!?致死率は?

お騒がせ議員として知られる共和党のトム・コットン上院議員がFOXニュース(2月16日)に出演し、「」と発言したのだ。 より引用。 「西陸網」は1月26日に「武漢ウイルスの4つの主要蛋白質が交換され、中国人を正確に狙い撃ちできる」という文章を発表した。 生物兵器として人工的に開発されたものである可能性はほとんどない。 ウイルステロは長引かせないと困るのです。 郭文貴氏は次のように述べた。 あそこはアフリカだと言っている人もいます。

Next

新型ウイルス「中国が秘密開発した生物兵器」トンデモ説が駆けめぐった一部始終

しかし、論文は「誤解されて伝わった」ことを理由に取り下げられ、その内容については世界の専門家たちにより否定されたことを、前回記事で書いた。 Screenshot of Washington Times ガーツ記者は1月24日の記事を皮切りに関連情報を次々と執筆している。 米国に亡命した中国の実業家・投資家である郭文貴氏(イメージ:YouTubeスクリーンショット) 米国に亡命した中国の実業家・投資家である郭文貴氏は2月3日、中国共産党が武漢肺炎ウイルスは人工合成の産物であると事実上認めたことを明らかにした。 新型コロナウイルス肺炎の感染拡大が厳しい状況を迎える中で、彼女の所属する実験施設が新型コロナウイルスの発生源ではないか、という「疑惑」の渦中へと巻き込まれた。 世界統一政府で一党独裁であり、常に庶民を監視をしている。 ひとつは、中国・武漢にきわめて高度な病原体研究施設があるということ。 次のページへ. アメリカのラトガース大学の分子生物学のリチャード・エルブライト氏は、SARS系のウイルスが何度も北京の同様の施設から漏れ出ていることを指摘している。

Next

中国の新型コロナウイルスは人類崩壊の序章か

欧州やアメリカ、オーストラリアなどアジア人が明らかに少数派の地域では、中国人は不衛生で非文化的だというステレオタイプがシノフォビアを加速させているようだ。 人工ウイルス説、中国生物兵器説という陰謀論は、その後も語られ続けている。 で、今回のコロナウイルスで、武漢や閉鎖されている地区に軍を投入。 それは事実だ。 SARS発生の際、中国政府と早期診断検査法を開発した米国のコロンビア大感染症免疫所のリプキン所長は「このような野生動物の売買を厳しく取り締まり、市場を閉鎖できれば、今回のような大流行は起こらないだろう」と話す。 が、昨日のDHCテレビを見て、色々新しいウイルスを作って、致死率の少ないウイルスを自国民で効果をみてみるという小さな実験は、あの人権の無い国ならやりかねない、全くの陰謀論とは思えなくなってきました。 これは、米中貿易戦争や広範囲にわたるスパイ活動の証拠、領土問題などについて、国営メディアが繰り広げている厳しい論調からも分かる通りだ。

Next

新型ウイルス「中国が秘密開発した生物兵器」トンデモ説が駆けめぐった一部始終

いずれのカテゴリーにも、コロナウイルスやインフルエンザウイルスの名前は見当たらない。 イタリアの南半分はイタリアではないという言い方もあります。 ボイル教授は1989年の米生物兵器テロ対策法の起草者という触れ込みだったが、専門は国際法であり、ウイルス学の知識はない。 さらに、モンゴルの密輸業者への取材で、「ワニやセンザンコウなどはシチューにして食べるのが人気」と高額な密輸ビジネスが地方役人の腐敗の温床として、今後も拡大するだろうと語ったという。 中国の武漢にはウイルス研究所があるそうですが、今回の新型コロナウイルス・新型肺炎との因果関係があるのかも気になるところですね。 クアラルンプール在住のジャーナリストの末永恵氏がアジアの密猟事情と合わせて分析した。

Next

新型ウイルスで明らかになった中国嫌悪のさまざまな形

中国の景気も悪くて ヤバイよ、ヤバイよ。 文章は武漢ウイルスが生物戦であることを暗示し、「生物戦というこつの文字は消えることはない」 「原爆は強いでしょう。 それ以外の陰謀論のほとんどは筆者の見るかぎり、「武漢に病原体研究施設があった」という事実から、何の具体的情報もないまま「そこから漏れた可能性がある」と想像し、さらに「そこで開発していた人工ウイルスではないか」と話を膨らませたものばかりで、いずれも科学的根拠がない。 しかし、毒性学や生物兵器・化学兵器の世界的権威である、米コロラド州立大学名誉教授の杜祖健(アンソニー・トゥー)氏はこのように語っています。 「 ウイルスが発生した武漢に、中国の生物兵器計画とリンクする2つの研究施設」という記事(1月24日付)がそれだ。 最大のリスクは人間のエゴが招く 密猟を調査する専門家らは、「密猟者たちは、金のなる木の野生動物を求め、常に新たな生息地を漁っている」と糾弾する。

Next

ただのバイオテロじゃねーか…中国の新型コロナウイルス肺炎にみんなの反応は

春節の時期に中国人は海外に飛びますね。 健康科学系メディアの取材に応じる董宇紅氏(動画の内容は新型コロナとは無関係です)。 また、同報道の中で、華南市場で売られていた動物の多くが、希少の野生動物でワシントン条約で中国や東南アジアでも取引売買が禁止されている、「絶滅危惧種のセンザンコウ」も含まれていたことを明らかにした。 やはり後ろ盾がいるからでしょうね。 今回の新型コロナウイルスで国際金融資本家の皆さんはこれまたボロ儲け。 また、エボラ出血熱を発症させるエボラウイルスは、CIA(米中央情報局)が開発した生物兵器 * 2ではないかとする陰謀説が流布された。

Next