私 たち は どうか し て いる 10 巻 ネタバレ。 私たちはどうかしている原作ネタバレ【8巻】無料で読むには?

「私たちはどうかしている」10巻49話のネタバレ 大旦那のいる病室に来た七桜に驚く女将。 。 帰ろうとする栞に母が、妊娠中は高血圧になりやすいのでくるみを渡してくれました。

椿は 「ズルい奴だ」 と言いながら七桜の帯をほどく。

11

うちは長谷屋と親せきになるのよ」 七桜は大きなショックを受けるが 「でも私が光月庵の正当な後継ぎであることは変わらない。 「七桜さん うちね、もうすぐ長谷屋さんと親戚になるの。 。

しかしその時大旦那が求めたのは、 「さくら」の和菓子だったのでした。 椿に早く目を治してと言ってほしい・・・園遊会が終わってからではなく、今すぐ、目が見えなくなってしまうことだってあるのに、私では火に油を注ぐだけで無理なので。 女将は海があるからこうして生きていけると微笑んだから。

3

すると、じっくり考えるから正面にある2つの部屋に、各々待っていて欲しいと伝えた。 花がすみでは、七桜のいないうちに多喜川が溝口議員の政務活動費について調べていました。

七桜は大旦那に駆け寄りますが、次の瞬間、七桜は真っ青になりました。

9

そんなスキャンダルはもみ消せるって言いたいわけだね。 七桜は、母親が残してくれたDNA父子鑑定報告書を持って、大旦那に近づきます。

16

ほっこり一息つく時、女将が最中を食べていたと想像した七桜。 七桜が椿に一刻も早く治療をしてもらうために、光月庵を自分のものにするという意思を目の前に、多喜川は椿が羨ましくも思うのだった。 そして椿に湯宿こみちの和菓子ができたと電話をするのでした。

椿が店ではなく自分を選ぼうとしていたこと、栞との間には何もないことを知った七桜は、揺れる心を必死に隠す。 私たちはどうかしている3巻12話のあらすじ【ネタバレ注意】 15年前、大旦那は「さくら」の作った和菓子を気に入っていました。 今日子はこのことを利用して椿と栞を結婚させようとしますが、椿はきっぱり断りました。