ã‚ĸドãƒŦナクロãƒŧム。 54

ã‚ĸドãƒŦノクロムというã‚ģãƒŦブぎためぎ゚ãƒŧパãƒŧドナッグがあãŖた。 こぎã‚ĸドãƒŦナクロãƒŧãƒ ã¯æ‘‚å–ã—ãŸč€…ãĢéēģč–ŦぎようãĒ恍惚感を与えãĻ興åĨŽã•ã›ã‚‹ãŽã ãã†ã§ã™ã€‚ 英įąŗぎエãƒĒãƒŧãƒˆåą¤ãŽä¸­ãĢæœŦåŊ“ãĢå°å…æ€§æ„›č€…ã‚°ãƒĢãƒŧプが存在しãĻいるぎか。

2

書いたところでīŧ“æŦĄæƒ…å ąãã‚‰ã„ãĢãĒãŖãĄã‚ƒã„ãžã™ã—ã€ãã†ãĒるとåŊ“į„ļ新鎎å‘ŗã‚‚č–„ã„ã§ã™ã‹ã‚‰ã€‚ Application Notes : The substancemainly responsible for the red colours produced during the mild oxidation of adrenaline. ã‚ĸドãƒŦノクロムぎ化å­Ļ構造。 そういうことがäē‹åŽŸã¨ã™ã‚Œã°ã€æ˜¨äģŠãŽč‹Ĩč€…ãŽį•°å¸¸ãĒčĄŒå‹•ã‚„ã€ æŽēäēēäē‹äģļがã‚ĸドãƒŦナクロムとé–ĸäŋ‚しãĻいるぎではãĒいかīŧŸã¨ 思わざるを垗ぞせん。

「そぎį›Žįš„はåĨ´éšˇã‚„性įš„č™åž…ã ã‘ãĢとおぞりぞせん。

1

しかし、ã‚ĸドãƒŦãƒŽã‚¯ãƒ­ãƒ ãŒåˇˇã§č¨€ã‚ã‚ŒãĻいるようãĒįĨžįĩŒäŊœį”¨ã‚’持ãŖãĻいるかは不明だ。 åšŧ児ぎ杞果äŊ“から収įŠĢã¨č¨€ãŖãĻいぞすが、それだけではありぞせん。

2

ãã†č€ƒãˆã‚‹ã¨ã€äŊ•ã‹čŖãŒã‚るようãĒ気がしãĒいでもãĒいぎですがâ€Ļâ€Ļīŧˆæą—īŧ‰ã€‚ 。 į ‚įŗ–を摂りぞしょうīŧã€ ãĒおというキãƒŖッチã‚ŗピãƒŧãĢ惑わされãĻはいけぞせん。

9

そんãĒ存在ãĢ成ãŖãĻいくことが望ぞれãĻいぞす。 č‡Ē分ぎį‰šæ€§ã‚„įŸ­æ‰€ã‚’įŸĨり、č‡Ē分らしさをįŖ¨ãä¸Šã’ãĻã€å‘¨å›˛ãŽäēē々ãĢč‡Ē分らしさをį™ē揎しãĻ喜ãŗã‚’åˆ†ã‹ãĄåˆãˆã‚‹ã€‚

6

化å­Ļ合成ãĢよãŖãĻčŖŊ造できるã‚ĸドãƒŦノクロムだが、そぎ劚きį›Žã¯äēēäŊ“からæŠŊå‡ēしたもぎãĢ遠く及ばãĒいといわれãĻいる。 子䞛をさんざんいたãļãŖãĻį—›ã‚ã¤ã‘ãĻ、挙げåĨぎ果ãĻãĢそぎ子䞛から抜き取ãŖãŸčĄ€ãŒč‹Ĩčŋ”りぎč–Ŧぎ原材料とãĒãŖãĻいぞす。 。

そぎäēēį‰Šã“そ、フェイ゚ブックぎå‰ĩå§‹č€…ã€ãƒžãƒŧクãƒģã‚ļッã‚Ģãƒŧバãƒŧグ氏そぎäēēだãŖたぎです。 čĻĒやčĻĒ戚が騒ぐぎでį›ŽįĢ‹ãŖãĻしぞいぞす。

7