Nhk アナウンサー 異動 2021。 NHK武田真一アナ 最高位のアナに昇格 阿部渉アナ、野村正育アナらも昇格/芸能/デイリースポーツ online

またスポニチ本紙既報通り、「ニュースウオッチ9」では有馬嘉男キャスター(55)が3月いっぱいで降板し、後任は元ワシントン支局長の田中正良氏。 最後まで読んで頂きありがとうございました。 田中は「有吉ジャポン」を2012年、「ジョブチューン」は13年の放送開始時から担当。

これらの材料を総合すると、今回の異動は、和久田アナにとってはマイナスに作用することはなさそうに見えるが、桑子アナにとっては、これまでの活躍が必ずしも続くとは限らない状況になることも考えられる。 番組エンディングで、近江アナは「ここで、新年度から華大さんと一緒にMCを務めて下さる方を紹介させてください」と、後任の鈴木奈穂子アナウンサー(39)を呼び込み。

6

このため、番組の異動によって生じる環境の変化にもすぐに対応できると考えられるため、異動がプラスに作用することはあれど、マイナスに作用することはないだろう。 は10日、新年度の主な番組キャスターの人事などを発表。 ニュースで突然報道はされましたが、もしかしたら前々から準備していたかもしれません。

15

2014年度から改名。 武田真一アナウンサーの異動に関しては、大阪支局の機能強化のためと言われていますので、NHKがどれだけ武田真一アナウンサーを大事な人材として扱っているかが分かります。

12

「ジョブチューン」は同局のアナウンサー(26)、「ジロジロ有吉」は同・アナウンサー(24)にそれぞれバトンタッチされるという。 2017年から「クローズアップ現代+」に出演する武田真一アナウンサー(53)が大阪放送局に異動し、番組を卒業。

10日に退職が発表されたNHKの近江友里恵アナウンサー(32)が12日、司会を担当する生番組「あさイチ」(月~金曜、前8・15)のエンディングで「3月いっぱいをもって、NHKを退職することになりました」と報告した。 このため、番組の異動によって生じる環境の変化への対応力は、和久田アナほどのものは期待できないのではないだろうか。 今後は「アナウンサーとして通常の業務に加え、経営的な目線での業務、アナウンサー全体、放送業界全体に目を向けることも求められる」(同担当者)といい、経営面での会議などへの出席が求められるという。

アナウンサーとしての経歴を活かして、富士通の顔としてテレビ出演することは可能ですが、そうなるともうアナウンサーではありません。

三雲アナの父親、つまり星アナの祖父・ 三雲四郎氏も 慶応義塾大学卒業で 元産経新聞社取締役論説委員長などを務めた方ですし、父親も業界の方なので、星麻琴アナはそんな両親の姿を見てアナウンサーを志したのかも。

13

見逃し厳キン! どうぞご期待ください。 2017年度以前(水戸・甲府局時代)は「二宮(にのみや)佳純」名義 外部リンク [ ] 契約キャスター紹介ページ [ ] とはキャスターの個別紹介ページを設けていない。 星アナの初任地は 岡山放送局でした。

12