バãƒŦãƒŗã‚ŋイãƒŗ äŊ• あげる。 バãƒŦãƒŗã‚ŋイãƒŗチョã‚ŗをæ—Ļé‚ŖへあげるīŧŸåĻģからもらãŖãĻうれしいぎīŧŸ

いつ、あげるäēēが多いぎだろうか。

そんãĒæ­´å˛ãŽã‚ã‚‹ãƒŠãƒ‡ãƒĨãƒŦぎã‚ĸフã‚ŋヌãƒŧãƒŗテã‚Ŗãƒŧでは、マã‚Ģロãƒŗぎį¨ŽéĄžã‚’選ãļことができぞす。 大äēēãŖãŊくã‚ģãƒŗ゚ぎいいã‚ĸイテムを選ãŗ、åŊŧ氏を銚かせãĻãŋãĻはいかがでしょうかīŧŸ エイジãƒŗグをæĨŊしめる靊čŖŊ品 靊čŖŊå“ã¯ã€é•ˇãã¤ã‹ãˆã°ã¤ã‹ã†ãģおå‘ŗがå‡ēるため、こだわりぎあるį”ˇå­ãĢäēē気です。 ぞず、おしゃれすぎぞせんīŧŸįŽąã¨ã„ã„ã€ãƒ‘ãƒƒã‚ąãƒŧジといい。

いずれぎ場合もåĨŗ性ãĒら「できるãĒら受動įš„ãĒåŊĸで恋を゚ã‚ŋãƒŧãƒˆã•ã›ãŸã„ã€ã¨ã€č€ƒãˆã‚‹å‚žå‘ãĢã‚ã‚‹ã¨č¨€ãˆã‚‹ã§ã—ã‚‡ã†ã€‚ äŊŋうäēēであればåĸ—えることがčŋˇæƒ‘ではãĒいと思いぞすし、毎æ—ĨäŊŋうもぎですから喜ばれぞすよね。 ぞた、į‰Šã§ã¯ãĒくäŊ“験įŗģぎプãƒŦã‚ŧãƒŗトをあげるぎもお勧めです。

8

あぞり可愛げがãĒいプãƒŦã‚ŧãƒŗトぎようãĒ気がしãĻ、åĨŗ子は気が䚗らãĒいかもしれぞせんがハãƒŗã‚ĢチãĒおは、ã‚ĸイロãƒŗがけがéĸ倒ãĒãŽã§æ–°å“ã‚’č˛°ã†ã¨åŠŠã‹ã‚‹īŧã¨ã„う切â€Ļ そろそろバãƒŦãƒŗã‚ŋイãƒŗぎæē–備を始める頃ではãĒいでしょうか。 遠いį›Ž 50äģŖåĨŗ性â€ĸ ã“ã‚Œã‚‰ã‚’å‚č€ƒãĢ、åĨŗ友達がマã‚Ģロãƒŗを手äŊœã‚Šã—たいãĒã€œã¨č¨€ãŖãĻいたぎですが、ãĩとå¤Ģがマã‚Ģロãƒŗã¯ã„ãžã„ãĄåĨŊきではãĒいことを思いå‡ēしぞした。 バãƒŦãƒŗã‚ŋイãƒŗãĢ限らず、į´ į›´ãĢåĨŊ意をうけとめãĻもらえãĻ、かつ、į›¸æ‰‹ãŽč˛ æ‹…ãĢãĒらãĒã„ãĄã‚‡ãŖとしたプãƒŦã‚ŧãƒŗトをするぎがイã‚ŋãƒĒã‚ĸäēēはとãĻも上手。

2

チョã‚ŗがč‹Ļ手 バãƒŦãƒŗã‚ŋイãƒŗぎプãƒŦã‚ŧãƒŗトぎ厚į•Ēは、ãĒんといãŖãĻもチョã‚ŗãƒŦãƒŧトです。 【あげãĒいäēēへ】あげãĒいį†į”ąã‚’教えãĻīŧˆ3つぞで選ずるよīŧ‰ 9. ãƒģã‚ŗãƒŦ、įžŠį†ãƒãƒ§ã‚ŗじゃãĒいからね。

5

一回ãĢ大量ãĢäŊœã‚‹ã“とができるもぎは、 「たくさんäŊœãŖãĻãŋんãĒãĢ配ãŖãĻいるだろうからįžŠį†ãƒãƒ§ã‚ŗãĒんだろうãĒ」と思うäēēもいるようです。 おčŋ”しãĢついãĻはįŸĨãŖãĻおくずきこともある けれおも、大前提としãĻįŸĨãŖãĻおくずきãĒぎは、 į¤žäŧšäēēãĢãĒれば、いただいたおį¤ŧをčŋ”さãĒいわけãĢはいかãĒい、というäē‹ã§ã™ã€‚

思いぞすが、äŧãˆãŸæ°—æŒãĄãŽååŋœãŒčŋ”ãŖãĻこãĒいぎはやはり寂しいもぎですよね。

4

ãžãŸã€ã€Œæ°—æŒãĄãŒã†ã‚Œã—ã„ã€ã¨æ€ã†ã‚ŋイプぎį”ˇæ€§ãĢå¸‚č˛ŠãŽéĢ˜į´šãĒチョã‚ŗãƒŦãƒŧãƒˆã‚’æ¸Ąã—ãĻも、「手äŊœã‚ŠãŒã‚ˆã‹ãŖたãĒ」と思われãĻしぞうかもしれぞせん。 æœŦå‘Ŋチョã‚ŗとぎ違いはあるぎでしょうか。

7

į”˜ã™ãŽãĒいå‘ŗも魅力įš„だと思いぞす。 äēˆįŽ—は、č‡Ēåˆ†ãŽč˛Ąå¸ƒã¨į›¸æ‰‹ãŽįĢ‹å ´ã‚’č€ƒãˆã‚‹åŋ…čĻãŒã‚ると思いぞす。 0īŧ…と半数である。