äģŠæ—Ĩ あぎ äēē は į§ ぎ äē‹ おう 思ãŖ た ã‚ŋロット。 į§ãŽã“とおう思ãŖãĻるīŧŸåĨŊきãĒäēēãŽæ°—æŒãĄã‚’å ã†

åĨĨ手ãĒあぎäēēですが、そぎã‚ŋイミãƒŗグであãĒたぎ存在がč‡Ē分ãĢとãŖãĻいかãĢ大切かãĢ気ãĨき、あぎäēēぎãģうからあãĒたãĢ告į™ŊしãĻきぞす。 į°Ąå˜ãĢč¨€ãˆã°ã€äēēãĢは、äŧšãˆã°äŧšã†ãģおį›¸æ‰‹ã‚’åĨŊきãĒãŖãĄã‚ƒã†īŧã¨ã„うこと。

11

それは、į”ˇæ€§ãģお悊ãŋやäēēぎæ‚ĒåŖをč‡ĒらåŖãĢå‡ēさãĒいからです。

8

ナブナブã‚ĸピãƒŧãƒĢ åĨŊæ„ã‚’ãĄã‚‡ãŖとずつį¤ēしぞしょうīŧ いきãĒり告į™ŊするぎではãĒãã€ãĄã‚‡ã„å‡ēしで「åĨŊきīŧã€ã‚’äŧãˆãĄã‚ƒã„ぞしょう。 åŊŧとįĩã°ã‚ŒãŸã„īŧį‰‡æ€ã„æˆå°ąãŽæ–šæŗ• あãĒたとあぎäēēがぞとうã‚ĒãƒŧãƒŠãŽč‰˛ã¯éžå¸¸ãĢäŧŧãĻいぞす。

1

ただ、気éŖいができるã‚ŋイプぎį”ˇæ€§ãŽãŋãĢãĒりぞす。 į”ˇæ€§ã‹ã‚‰ã€ããŽčŠąã—ã‚’æŒãĄå‡ēされたあãĒたはåŊŧからぎäŋĄé ŧåēĻはéĢ˜ã„ã¨č¨€ãˆãžã™ã€‚ 。

6

čŠąã™å†…åŽšãŒį‰šãĢãĒくãĻも、様子をįŸĨれることや、č‡Ē分č‡ĒčēĢぎ感情ぎためãĢもé€ŖįĩĄã¨ã„う手æŽĩを取りぞす。 åŊŧは、į”ˇæ€§ã‚‰ã—さを重čĻ–しãĻいぞす。 いつがチãƒŖãƒŗã‚šãĒぎかをčĻ‹č¨ˆã‚‰ã„、あãĒたãĢæ°—æŒãĄã‚’äŧãˆãĻいくãĢã¯ã€å¤ąæ•—ãŒã§ããžã›ã‚“ã€‚

慌ãĻたようãĢčĻ–įˇšã‚’外したりすればあãĒたをãŋãĻいた可čƒŊ性もありぞす。