At カーニー。 【転職者必見】ATカーニーへ入社するためには

ゴリゴリなキャリアを歩んできました 竹本祐也といいます。

11

カーニーの特長です。 前職でもブランド戦略は経験してきましたが、10年後まで先を見据える機会はありませんでした。

戦略コンサルでは希望のテクノロジー系担当のマネージャーに A. 高橋:印象的だったのは、 米国企業の買収を検討した海外戦略プロジェクトです。 泥臭さというか、本当に実行することに拘り地に足をつけて仕事をしている様子がうかがいしれて、ここなら面白い仕事ができるのではないかと。 カーニーは過去に官公庁の案件も多数手がけており、信頼も得ています。

私も2013年の半ばから1年ほど、経済産業省の資源エネルギー庁に出向し、電力改革の政策立案に携わりました。 カーニーの歴代でもダントツに若い日本代表が誕生したことになります。 スタートアップ界隈の人もすなる退職エントリーといふものを、プロフェッショナル界隈の私もしてみむとて、するなり。

8

戦略系コンサルティングファーム 外資系コンサルティングファームについて少しでもご存知の方であれば知らない方はいないであろう、 MBBと呼ばれるマッキンゼー・アンド・カンパニー、ボストン・コンサルティング・グループ、そしてベイン・アンド・カンパニーといったコンサルティングファームがこのジャンルに入ります。 外資系戦略コンサル志望の学生から根強い人気を誇っています。

7

J2Top 2012年1月号• カーニーは「Tangible Result(目に見える成果)」というものに重きをおいており、成果を出すことができる社員に対して高く評価する風土を持っています。 よいオポチュニティがあった このように、会社の中でこのままパートナーを目指すという、コンサルタントとしてのキャリアを突き詰めていくことを念頭にしながらも、自分がここまでやってきたこと、これからやってみたいこと、それをどうやっていくのか、どうやって違いを生み出していくのか、自分のバリュープロポジションについて頭の片隅で考えながら、新しいオポチュニティについて頭の片隅に置いている状態になっていました。 。

提案項目の内、ダンス規制の撤廃が2015年6月の改正で実現し 、人材の海外からの受入れ拡大は、国家戦略特別区域法の2017年6月の改正に織り込まれた。

16