アッキ トゲキッス。 トゲキッスの育成論・調整|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

【環境メタ】アッキの実オンバーン【剣盾シングル】

欠伸とノーマル技は確定では身代わりガルドや身代わりエースバーンへの打点、はバンギ、、への打点やヒトムナットへ一貫を取ることができ、尚且つダイナックルによる単体性能の向上を意識した。 使用していたパーティがエースバーンやゴリランダーを誘っていたため毎試合活躍したし1体で詰ませることも少なくはなかった。 オッカのみは、トゲキッスやエースバーン意識での採用だが、この世のトゲキッス使いはエアスラから入ってくるのでそこは要注意。 なにもできない… エースバーンの倒し方 後出しでは少し厳しい場合があるため、対面前提での話となる。 凄まじく強いのですが、筆者が使ってて思った欠点としてはフルアタック構成故に、ダイウォールが使えないのが少しばかり痛かったです。 悪巧みを積んでからの火力はとてつもない。

Next

【剣盾S5シングル】環境適応型カバルドンサイクル【最終547位】

しかし、その場合すでに相手はダイマックスを1ターン消費しているため、戦いやすい。 なので、ランクマッチで勝ちたいのであれば、トゲキッスは一度使ってみてください。 Sは4振りロトム抜き、無振り80属抜き調整。 じゃれつく持ちも増えているが択と怯み次第では勝てる 、アッキ マジシャ切り、勝てないが… ・読まれにくさ、一般的知識とのずれ 挑発と前歯だけ見て、じゃあ挑発に合わせてバやギャラ投げてダイジェットで処理できるでしょ?って感じの相手が多かった。 以外のにも言えることで、ステロにより崩されないという精神的安心感からや等の要因がいても強気にサイクル戦を仕掛けていけるというのはかなり大きなポイントになっている。 今期はシーズン序盤からほとんど構築を変えておらず、強い構築を使い込めたのがよかったかと思います。 のろいによるつませ(回復実、カゴ)• C172の10万がちょうど半分くらい。

Next

【ポケモン剣盾S7シングル】ゴリラキッス構築 最終順位396位

有利関係に逆転が生じる。 構築だけでなくプレイングにも自信を持つことができたので今後も更に上を目指して頑張って行きたいと思います。 いい結果は残りませんでしたが、このだけ紹介したかったので簡単に記事にしておきます。 の前で複数回わるだくみを積んだり飛行タイプ消滅によりや電気タイプとの殴り合いが可能に アッキのみ:単体性能を大きく向上させる持ち物。 【使用構築】 【構築経緯】 アッキのみを搭載し、回復技と積み技を両立したの詰め性能と立ち回りの幅の広さを評価し構築の起点にした。 ダイストリームで天候を変えられ、回復量が落とされてしまっても日差しを連打すればこちらは非で相手のックスターンを枯らすことが可能。

Next

【単体考察】GALAR SALAMENCE~アッキ巧みトゲキッス~

使用率上位のに対して幅広く有利不利関係のラインを底上げし、スタンパに対する立ち回りの幅を広げ選出機会を増やす。 仮に選出しなくても選出画面でドラパルト ゴーストタイプ が見えてると、相手視点格闘技を打ちにくくなるといった一方的に択を押し付けることができるため構築に必須枠。 マジカイム:アシレラプなどの純粋な撃ち合いが困難な相手に対して有利不利関係を逆転できる。 それでも、大会で勝てるスペックはあったのでまだ煮詰め切れていない部分があるのだろうと考えています。 これにより上記の入りに勝率をあげるのはもちろんシーズン6中盤から増えていた「アッキのみ」に上から「」を打てたりと恩恵を受けることは多かった。 ダイバーン+朝の陽ざしによる、相手のックスによる切り返しに対する対応力向上。

Next

【ポケモン剣盾S7シングル】ゴリラキッス構築 最終順位396位

最後になりますが、ここまで読んでいただきありがとうございました。 実際これだけ自分が使ってうまいこといっていると、もう少し見てもいい型だとは思うが、あいにく自分以外でこのタイプのジュラルドンを使っている人を全然知らない。 相変わらずのスイープ性能とサイクルの中で「」を撒くことでダメージレースを有利にするといった万能なであった。 a特化ガルドのアイへ+影うち最高乱数2連以外耐え• キッスを通す上で厄介なに削りを入れたいためじゃれではなくシャドクロ。 ) 技:イカサマ、はたきおとす、挑発、羽休めで確定 技構成とぼうじんの利点について 技:イカサマ、はたきおとす、挑発、羽休め 特性:ぼうじんは天候による定数ダメージを受けない。 7世代の挑発レのようか感覚。

Next

【単体考察】GALAR SALAMENCE~アッキ巧みトゲキッス~

【終わりに】 改めてS6お疲れ様でした! 今期は最高2位、最終8位レート2177と最高順位更新&最終1桁という目標を達成でき、素晴らしい結果でシーズンを終えることができました。 アッキッス自身には高耐久に対する崩し性能はあるものの、フェアリー技を切ったこともあり、、パッチラゴンなどが組み込まれたサイクル志向の構築に対して不利を取ってしまう。 やにスカーフを押し付たり、電磁波鬼火で場を荒らし、、裏の起点を作る。 わるだくみ:爆発的な火力上昇が可能となる技。 そのため、筆者は悪巧みをしなくても火力を出せるようにラムのみではなくするどいくちばしを持たせて、ダイジェットの火力を上げるようにしています。 シーズン中盤までは「鬼火みがわりドラパルト」を意識した「」を採用していたが、環境から死滅したため「ヒートスタンプ」に変更。 面白いと思ったらぜひ拡散のほうお願いします! (のマジックミラーにしてくれ) hanamiti19. 裏にいるやエースバーン、等も見ることができるため単体でを枯らすなど荒らすことができる。

Next

【単体考察】アッキ巧みヨルノズク

また相手のに対する切り返し性能が高く、低速で固められたこの構築とのあるを搭載したを採用した。 それでも、大会で勝てるスペックはあったのでまだ煮詰め切れていない部分があるのだろうと考えています。 欠伸や岩石封じで後続につなげる。 ・特殊方面はそれほど高くないため等倍相手だと受からない。 この型の弊害としては、炎技が搭載されていないためやアーマーガアなどに対しエアスラだけで突破せざるを得ない点である。 準速にすることでバンギアマガピクシーニンフなどのサイクルに組み込まれやすい駒全般に上から殴ることが可能。

Next

トゲキッス育成論 : 初見殺し物理受けトゲキッス|ポケモン育成論ソードシールド|ポケモン徹底攻略

winday77 今作から追加されたというアイテム。 裏から襷もちが出てくる場合は「」で潰せてたり、ダイジェットで素早さ上昇できてるため問題ない。 最終日に潜ることができませんでしたが、最終3桁に乗ることができて良かったです。 ・ 勝率上位に明確に苦手なが多い ドラパルト、、、、、、、パッチラゴンなど苦手なが大体2体以上は相手に入ってるため注意が必要。 先発の適性があるのは勿論、後発に置いてエースバーンやを止める動きもできる。

Next