扶養 内 年収。 家庭の収入を増やしたい!専業主婦が働く場合「扶養内が損しない」ってホント?

この年収103万円・150万円以内というのは、税金面で考えたときのこと。 この数字だけを見て、年収130万円以内で働けば損はないと思っている方も多いと思います。 一方、社会保険上の扶養の判断では交通費や通勤手当も年収に含まれます。

13

しかし、これを超えると住民税がかかります。 健康保険も同じです。

(3)130万円の壁 130万円の壁も社会保険上の扶養を指しています。

2

交通費以外にも、家族手当や住宅手当などの手当ても年収に含まれます。 (給与所得等の収入がある場合、月額108,333円以下。

15

「年収130万円」以上働くと損になるというのは、会社員や公務員の妻の場合です。

18

妻は、年収106万円以上で勤務先の社会保険に加入するものとします。 税金がかかってしまうのは確かなんですが、その負担額が軽減されるんです。

8

パートやアルバイトで得る収入は、給与収入になります。

まず始めに 「103万円の壁」。

こういったところに影響が出るということを覚えておきましょう。

1