セウォル 号 沈没 事故。 韓国・セウォル号沈没事故、朴槿恵大統領の「空白の7時間」を通話記録と照合すると

済州海洋警察側も「我々の管轄ではない」として対応が遅れ、9時10分になってから出動を指示していた。

16

船体への注入作業において、混じりの工業用汚染が用いられた• また、ことここに至ってもなお 乗客にその場で待機するよう、船内放送で繰り返し指示していた理由について、次のような事実が後に明らかになりました。 「」『 I 』 07時分• 地や交通にはないが、避難所や仮設住宅が設置される• 20時40分頃 - 悪天候により中断していた水中捜索を再開。

2月に実施された特別安全点検では、5ヶ所に不具合があったと指摘されている。

同日の午後6時、最高検察庁次長は、警察や海洋警察幹部に加え、韓国軍、安全行政部、関税庁の関係者を加えた対策会議を行った。 あれほどまでに多くの犠牲者を出したにもかかわらず、 なんと指揮部の一部の人間は昇進までしているとも言われています。

12

そして、海軍の海難救助部隊がようやく到着したのは、セウォル号沈没事件発生から約2時間半後の11時24分でした。

この残酷な現実を前に、子供を持つ韓国の大人達は、「事故の教訓を子供にどのように教えれば良いのか」と困惑している。 によると、イ局長は、かつてセモ社の造船事業部に勤務し、兪炳彦前会長から奨学金を受けていた。 各放送局は事故関連のニュースを報じ続け、バラエティー番組を自粛。

18

4月18日、行方不明となっている乗客らの家族らが現場の状況を暴露したことが報道される。

17