éĒ¨æ ŧ ã‚Ļェãƒŧブ ゚トãƒŦãƒŧト。 éĒ¨æ ŧč¨ē断ミック゚ã‚ŋイプぎおåŽĸ様「į§ã¯ã‚ĻェãƒŧブīŧŸã‚šãƒˆãƒŦãƒŧトīŧŸį´č§ŖいãĻもらãŖãĻ゚ッキãƒĒしぞしたīŧã€

å¯æ„›ã‚‰ã—ã„č¯åĨĸãĒå°čąĄãŽåĨŗ性が多いですね。

15

というかäģŠæ€ãˆã° 重åŋƒãŒä¸‹åŠčēĢãĒ時į‚šã§ã‚ĻェãƒŧブãĒぎ気äģ˜ã‘よīŧãŖãĻ感じãĒんですよね。

19

それãģおごč‡Ē分ãĢäŧŧ合う服をįŸĨりたいという思いは切原です。 一åŖãĢã‚ŗãƒŧãƒˆã¨č¨€ãŖãĻも、įļŋやã‚ĻãƒŧãƒĢ、ã‚Ģã‚ˇãƒŸãƒ¤ã€ã‚ĸãƒŗゴナ、ポãƒĒエ゚テãƒĢãĒおį´ æãŽé…åˆã‚„įš”ã‚Šæ–šãĢよãŖãĻ、きれいめãĢčĻ‹ãˆãŸã‚Šã‚ĢジãƒĨã‚ĸãƒĢãĢčĻ‹ãˆãŸã‚Šæ§˜ã€…です。

3

į­‹č‚‰ã‚’感じるハãƒĒãŽã‚ã‚‹č‚Œã€č„‚č‚Ēを感じるã‚ŊフトãĒč‚Œã€į­‹č‚‰ã‚„č„‚č‚ĒãĢよりéĒ¨æ„ŸãŒå„Ē先されるčŗĒæ„ŸãŽč‚Œã§ã™ã€‚

4

č…°ãŽäŊįŊŽãŒäŊŽã„â€ĸ 全äŊ“įš„ãĢįĢ‹äŊ“感があり、゚ã‚ŋイãƒĢãŽč‰¯ã„äŊ“äģ˜ãã‚’しãĻいぞす。 äēŒãŽč…•ã€ãƒ’ップナイãƒŗãĢč‚‰æ„Ÿã¯å°‘ãĒくåšŗ行įš„でしょう。

20

ゴãƒĒãƒŠå´ãŽå­ãŸãĄã€ã‚‚ã—ã„ãŸã‚‰ä¸€įˇ’ãĢåŧˇãį”Ÿããžã—ょう。 äēŒãŽč…•ãŽæŒ¯čĸ–ã‚„ã‚ã”ä¸‹ãŽãŠč‚‰ãŒäŧ¸ãŗるようãĢãĒるぎはã‚Ļェãƒŧブぎ可čƒŊ性ありです よく゚トãƒŦãƒŧãƒˆã¨č¨€ã‚ã‚Œã‚‹ã„ã‚‹æ–šãŒå¤šã„ãƒ–ãƒĢã‚žãƒŗãĄãˆãŋさんですが パãƒŧã‚ŊナãƒĢã‚Ģナãƒŧがã‚Ļã‚Ŗãƒŗã‚ŋãƒŧãĒãŽã§ã€ã‚ˇãƒŖãƒŧプãĒ色ãĢč˛ ã‘ãĒいだけです。

9

だから、くãŗれãĻいぞす。 前éĢĒをパッツãƒŗãĢすると子おもãŖãŊさがå‡ēãĻéĒ¨æ ŧ゚トãƒŦãƒŧトさんãĢはマッチしぞせん。 とはいえ、å¤Ēã‚‚ã‚‚ã¨ã˛ã–ä¸‹ãŽå¤Ēã•ãŽåˇŽã¯å°ã•ãã€č‚‰åŽšã§ã¯ãĒいぎがã‚Ļェãƒŧブã‚ŋイプぎį‰šé•ˇã§ã™ã€‚

6