æ­ģåŊšæ‰€ åŠ č­ˇãŽäŧš ネã‚ŋバãƒŦ。 あしたぎわたし「æ­ģåŊšæ‰€ã€8čŠąã§čĒ­ãžã‚Œã‚‹įĩĩæœŦはīŧŸãƒã‚ŋバãƒŦã¨åŠ č­ˇãŽäŧšã¨ã‚ˇæ‘ぎ過åŽģ

čŋ‘所ぎã‚Ēバã‚ĩãƒŗãĢįžŽåš¸ã‚’預けãĻäģ•äē‹ãĢå‘ã‹ã†ã‚ˇæ‘ã€‚ 嚸子はおうãĒãŖたįĩæžœã€åŠ č­ˇãŽäŧšãĢå…ĨることãĢãĒãŖたぎでしょうかīŧŸåš¸å­ã¯åŠ č­ˇãŽäŧšã§ãŠã†ãĒãŖたぎかīŧŸãžãŸã€åš¸å­ã¨įžŽåš¸ãĄã‚ƒã‚“は帰ãŖãĻくるぎかīŧŸããŽį‚šãĢįĩžãŖãĻč€ƒãˆãĻãŋたいと思いぞす。 単ãĒる愉åŋĢįŠ¯ãĒぎかもしれぞせんが、įžŽåš¸ãŽæ­ģぎįœŸį›¸ã‚’ã‚ˇæ‘ã¯įŸĨることができãĻã€ãã‚Œã‚‚ã‚ˇæ‘ãŒå‰å‘ããĢãĒれたį†į”ąãĒぎかãĒと思いぞした。

藁ãĢã‚‚ã™ãŒã‚‹æ€ã„ã§čĄŒãŖãĻãŋã‚‹ã¨ã€č“Žį”°æ „åąąīŧˆåščļŠæē€īŧ‰ã‹ã‚‰ã¯ã€Œã‚るがぞぞを受けå…Ĩれるぎです」と教わる。 娘ぎæ­ģ因はäģ–æŽēというところぞでしか明かされぞせんでしたね。 č§Ļã‚Œåˆã„ã¯æ„›ã‚’č‚˛ãŋぞす」 ã¨č¨€ã‚ã‚Œãžã™ã€‚

8

ã‚ŗトバãƒŗクより 意をæąēし、「į™ēäŋĄã€ãƒœã‚ŋãƒŗをæŠŧすįĢ‹č„‡ã•ã‚“。 įžŽåš¸ã¯åš¸å­ãŒäŊœã‚‹æ–™į†ãĢは一切手をäģ˜ã‘ãĒい。

12

ãƒã‚ˇæœŦくんぎエピã‚Ŋãƒŧドも旊くやãŖãĻãģしいâ€ĸ ですぎで、įžŽåš¸ãŒæ­ģんでしぞãŖãŸåŽŸå› ã¯ã€åŠ č­ˇãŽäŧšãŒįĩĄã‚“でいãĒã„å ´åˆã‚‚č€ƒãˆã‚‰ã‚Œãžã™ã€‚ 銚く嚸子でしたが、éŖŸãšã‚‹äē‹ãŒå‡ēæĨるというäē‹ãŒåˆ†ã‹ã‚Šä¸€åŽ‰åŋƒã€‚

10

ä¸€æ–šããŽé ƒã€ã‚ˇæ‘ãŽį”¨äē‹ãŒæ¸ˆã‚€ãŽã‚’åž…ãŖãĻã„ã‚‹ã‚¤ã‚ˇé–“īŧˆã§ã‚“でんīŧ‰ã¯ã€ã€Œä¸–芹ãĢãĒãŖた場所だから」とčēĢぎ回りぎ掃除をしãĻいぞした。 æŧĢį”ģや雑čĒŒã‚‚あり、į”ˇæ€§ãŒå–œãļã‚ĸダãƒĢト動į”ģは15,000æœŦäģĨ上がčĻ‹æ”žéĄŒã§ã™ã€‚ そんãĒäē‹ã‚‚あり劆さんは嚸子をæĨさらしと思ãŖãĻいるぎです。

10

そんãĒ折、嚸子は、åŋƒã‚’č§Ŗ攞しãĻãã‚Œã‚‹ã¨ã„ã†ã€ŒåŠ č­ˇãŽäŧšã€ãŽãƒãƒŠã‚ˇã‚’čŋ‘所でもらう。 毎月21æ—Ĩぎ月刊ã‚ŗミックīŧ ãƒ‘ãƒŗチãĢ大įĩļčŗ›é€Ŗčŧ‰ä¸­ã§ã™ã€‚ ã—ã‹ã—éĄ˜ã„ã¯åļうことãĒく、å‘ŊをčŊã¨ã—ãŸã‚ˇæ‘ã€‚

13

しかし、ドナマ「æ­ģåŊšæ‰€ã€ã§ã¯ã€ãã“ãžã§åŠ č­ˇãŽäŧšãĢついãĻ踏ãŋčžŧめるぎでしょうかīŧŸ 掋り回数がäŊ•å›žãĒぎか、å…Ŧåŧį™ēčĄ¨ãŒãĒいぎでæ­ŖįĸēãĒところはわかりぞせん。 もしかしたらįžŽåš¸ãŽį—…気ぎ攚善ãĢįš‹ãŒã‚‹ã‹ã‚‚しれãĒいとぎäē‹ã§3äēēã§čĄŒãäē‹ãĢしたぎでした。

6