僕 の 戦争 フル。 進撃の巨人【僕の戦争/神聖かまってちゃん】歌詞を本気で考察・解釈してみた

素直に嬉しい 3: 海外の反応 知ってるよ、後半のヒット時のドラムチェンジと、高音の日本語ヴァースへの前奏での絶妙な「ドドドドドド」が大好きなんだ。 jpが一番おすすめです! なぜなら、• music. だってこの歌詞、別になくても主張が完結している。

music. その経験も含めて考えると、おそらく 「帰ったらまた明日が来てしまうから」帰りたくないのだろう。 「精神的な」死をリアルに想像している。 ) この曲の素晴らしいところだと思う。

13

ただ、 本当に飛び降りをしているわけではないと考えられる。 むしろ心の中の戦争(youがreal enemyのmy wer)の方が危険性が高いのだ。 9: 海外の反応 最初にオープニングを見た時は、なんかシュールな感じだったけど、今は全く別の作品のように感じている。

12

この曲は。 そう、筆者は神聖かまってちゃんの大のファンなのだ。

14

まとめ 総合してこの歌詞を考えると 「結局全ては君自身の問題に集約される」 幸せも不幸も、結局外じゃなくて君自身だぞ と そういうことを伝えたかったのでしょう。

8

フロントメモリー feat. 壁の外にある海を、自由の象徴を、まだその目で見ていないのだから。 後半すなわち「私」に背負われた「学校へ行け」という使命。 この歌詞は、 飛び降りを表しているもので間違いないだろう。

学校という場所自体がみんな同じ制服を着て同じことを学んで、選択肢も限られている事から自由とは程遠く、軍隊のように規律を重んじている場所であります。 そして後半はすべて日本語で、トーンも高く軽やかに歌われているような気がします。

6

神聖かまってちゃんの楽曲は聞けば聞くほどハマってしまう楽曲が多いですが、 『僕の戦争』もその一つで、想像の余地が多いことが魅力です。 内面の私が、外界に負けている。

7