æ˛š į‰Š 腹į—›ã€‚ č…¸é–‰åĄžīŧˆã‚¤ãƒŦã‚Ļã‚šīŧ‰ãŽåŽŸå› ã‚„į—‡įŠļīŧå˜”åã‚„č…šį—›ã€č…šéƒ¨č†¨æē€æ„ŸãŒã‚ĩイãƒŗīŧŸ

äŊŋã„å¤ã—ãŸæ˛šã§æšã’ãĻいるéŖŸå“ã¯į‹Ŧį‰šãŽæŋƒã„č‰˛ã‚’ã—ãĻいぞす。 5 å•éĄŒãŽåŗ席めんぎåŠŖ化åēĻãĢついãĻ、åĢæ˛šä¸­ãŽéŠé›ĸ脂č‚Ē酸をį¤ēã™é…¸äžĄãŒ7. おいしくéŖŸãšãĄã‚ƒã„ぞすかâ€Ļ 「éŖŸãšãĻいる時はおいしくãĻ嚸せ」 â€ĻãŖãĻぎが一į•ĒãŽå•éĄŒãĒようãĒ。 喉が渇いたら、厤渊į¨‹åēĻぎおčŒļ、水かãĒ。

18

中ãĢはおå°ģぞでヒãƒĒヒãƒĒするといãŖたį—‡įŠļã‚’č¨´ãˆã‚‹äēēもいるようです。 čĩˇã“りやすいもぎとしãĻは、イãƒŗã‚šã‚ŋãƒŗトナãƒŧãƒĄãƒŗやポテトチップ゚ãĒおぎようãĒæ˛šã§æšã’ãŸéŖŸå“ã€ãŋã‚Šã‚“åš˛ã—ãĒãŠãŽåš˛į‰Šã€äšžį‰ŠéĄžã€ãƒŠãƒƒãƒ„饞ãĒおです。 æ˛šãŒæļˆåŒ–ä¸č‰¯ã‚’čĩˇã“しやすいぎãĢは、ä¸ģãĢ2つぎį†į”ąãŒã‚りぞす。

6

ここではį™’į€æ€§ãĢついãĻãŠčŠąã—ã—ãžã™ã€‚ 腸ãĢ到達するæŽĩ階では、äžŋはぞだかãĒり水ãŖãŊい下į—ĸįŠļ態です。 čĻĒはæ­ĸめたんですが、č‡Ē分がį›¸åŊ“ãĒ我を通したようです。

14

いつぞでもæ˛ģらãĒい下į—ĸã€æ˛šã‚‚ãŽãŽã›ã„ã˜ã‚ƒãĒいかもīŧīŧŸ ä¸Šč¨˜ãŽã‚ˆã†ãĒ寞į­–をとãŖãĻいãĻも下į—ĸが攚善しãĒかãŖたり、äģ–ぎį—‡įŠļをäŧ´ã†å ´åˆã¯ã€æ˛šã‚‚ぎが原因ぎ下į—ĸではãĒくäŊ•ã‚‰ã‹ãŽį—…気ぎ可čƒŊ性がå‡ēãĻきぞす。

ではここで、åŒģį™‚抟é–ĸを受č¨ēする前、受č¨ēできãĒい場合ぎåŋœæ€Ĩå‡ĻįŊŽãĢついãĻごį´šäģ‹ã—ぞす。

č†ĩč‡“ãŽį—…æ°—ã‚’äēˆé˜˛ã—ぞしょう č‡Ē分č‡ĒčēĢで気をつけることでč†ĩč‡“ãŽį—…気ぎäēˆé˜˛ãĢįš‹ãŒã‚Šãžã™ã€‚ こぎようãĢã€č…¸é–‰åĄžãŽåŽŸå› ã¯å¤šå˛ãĢわたるį‚šãŒå¤§ããĒį‰šåž´ã§ã™ã€‚ 脂č‚Ē分ぎ取り過ぎ 2つį›ŽãŽį†į”ąã¯č„‚č‚Ē分ぎ取り過ぎです。

9

ããŽãŸã‚ã€ä¸­æ€§č„‚č‚Ēよりも少量でæļˆåŒ–ä¸č‰¯ãĢよる下į—ĸをčĩˇã“しやすいぎです。 æ¸Šé‡Žčœâ€ĸ 一įˇ’ãĢéŖŸãšãĻたäēēも同じį—‡įŠļだãŖたぎでį—…é™ĸãĢ行ãŖたらįĸēかã‚ĻイãƒĢã‚šæ€§čƒƒį‚ŽãŋたいãĒč¨ē断をされãĻč–Ŧをå‡ēされãĻ、äēŒæ—ĨãģおでäŊ“čĒŋは回垊。

4