春の 選抜。 「春の選抜」21世紀枠出場からベスト4まで勝ち進んだ2校

その返還の際、優勝旗のレプリカが代わりに授与される。 決勝戦テレビ中継のスタンドリポーター派遣例は、第87回(2015年)の北海道放送が直近。

1

第82回大会(2010年)では、(ID: senbatsu)で得点経過や試合経過を知らせるサービス や、による準々決勝以降の試合動画のライブ配信を開始。 NRN親局のやも、それ以前(1980年代)から中継の放送を取り止めている。

18

は出場校全校の主将によるくじ引きで決定する。 ()に初代に代わり2代目が新調された。 を参照 国旗、大会旗、校名を持つのは、かつて()までは日本連盟所属のベンチャースカウト(高校生)であったが、()から校名プラカードは各出場校の生徒(選手として出場しなかった野球部員や野球部男女マネージャーが担当することが多く、一部では生徒会長などが選ばれる)が持つことになった(連続出場できなかった前年優勝校・準優勝校は変わらず)。

7

第83回大会(2011年)のみ国歌の後に大会歌を合唱した。 初戦敗退 東日本 (新潟) 豪雪地のハンディを克服。

2試合以上開催する場合、新聞の組み合わせ発表では「試合時間2時間・練習とグラウンドの整備30分」と仮定して3試合日の場合「(1)9:00、(2)11:30、(3)14:00」とそれぞれ掲載されているがあくまでも目安であり、実際には次の試合はグラウンド整備や事前練習の関係もあり原則として前の試合終了から30分程度の時間を置いてから行う(早く終了した場合は新聞等発表の時刻より最大15分繰り上げられる場合もある)。

第74回大会(2002年)〜第76回大会(2004年)、第80回大会(2008年)以降はジングルもインストバージョン。 毎日放送が『みんなの甲子園』の放送体制を大幅に改めた第87回大会(2015年)から第89回大会(2017年)までは、大会期間中の放送を取り止める代わりに、毎日放送での放送内容を前・後編の構成で編集したダイジェスト番組を大会終了後に放送していた。 初戦敗退 西日本 (和歌山) 旧制海南中学時代および統合した大成高校を含め春夏通算20回出場の伝統校。

13

大会名 - 初代は「全国選抜中等学校野球大会」に対し、2代目は「全国選抜高等学校野球大会」。 当時は引き分けという制度が無く、勝負がつくまで試合を続けるというものだった。 ただし、()のみ会長がで選んだ。

5

選考は地区別の小委員会で行われる。

10