日本 マクドナルド 原田。 マクドナルドとベネッセを破壊した原田泳幸氏、タピオカチェーン社長就任で汚名返上図る

信頼回復や体制の立て直しはならず、16年5月に退任した。

15

わずか2年で退任に追い込まれました。

2013年6月 -。 3月下旬、日本を代表する「プロ経営者」、原田泳幸(66)は1200人ほどの株主を前に日本マクドナルドHD(以下、事業会社の日本マクドナルドも含めて「マクドナルド」と表記する)での最後の仕事に臨んだ。 6%減の2223億円と大幅に落ち込んだ。

15

原田氏に筆者はすでに「経営者失格」の烙印を押している。 ただ、それ以降は、お二人で歩いている様子を見なくなりました」 また別の住人は、「原田容疑者がつねに、せっかちな様子だった」と語る。

8

6月にのを退任。 原田容疑者は金銭補償を行うかどうかで二転三転。 97年同社の日本法人社長に就任。

「逮捕容疑は2月5日、都内の自宅で谷村の足を殴るなどのをした疑いです。 ちなみに夫が逮捕される数日前にはTwitterを更新。

16

14年、ベネッセホールディングス会長兼社長およびベネッセコーポレーション社長に就任するが2年後の16年6月25日、引責辞任した。 前出の大関暁夫氏は、「顧客にとっては、子どもに関わる情報が漏れたことで憤りを感じているわけですよ。 谷村のツイッターにスタッフ名義で「ゆっくり前向きに。