年金 手帳 紛失。 退職時に年金手帳がない、どこにあるかわからず紛失したかもしれない場合

身分証明書としての役割 公的年金加入や変更、保険料支払い手続きの必要書類 年金手帳を最もよく使うのが、 年金制度への加入手続きで基礎年金番号を確認するために使用します。 これが「消えた年金問題」で、当時の社会保険庁が責任を取って解体に追い込まれました。

17

ただし、市・区・町村役場の窓口では即日交付はされません。

代理人の本人確認書類 代理人の本人確認書類は、本人申請の場合と同じで、顔写真ありなら1点、顔写真なしなら2点提示することになります。 年金事務所の窓口で手続きする場合 加入している年金種別に関係なく、管轄の年金事務所で手続きをすれば即日交付が可能となり、紛失後、すぐに必要な場合は大変便利です。

6

また、会社員であれば新入社員になった際に厚生年金加入の必要性から、会社に年金手帳を持って行くことがあります。 また、年金手帳には氏名をはじめ大切な個人情報が記載されているため、第三者によって悪用されてしまう恐れもあります。

19

代理人申請の場合、申請した当日に再発行されることはなく、申請から 1ヶ月程度で本人宛に特定記録郵便で郵送されてきます。 また 勤務先の会社で再発行の手続きをしてもらうことも可能です。

万が一紛失してしまった場合にはどのようになるのでしょう。 電子証明書を取得している• もう退職しているのであれば、会社に連絡して確認するしかありません。 年金手帳再発行申請書に押印欄があるほか、誤字脱字があった場合にも訂正印として使用することになります。

20

e-Govを利用するには、使用するパソコンの環境を整える必要があります。