咽頭 が ん。 咽頭がん

化学放射線療法を選択する場合には、そういったことも理解しておく必要があります。

根治性と機能の温存の両方を考慮して治療法を選択する。 脳神経の麻痺・視力低下• 遠隔転移が多いので肺転移や全身への転移を調べるため、肺CTやPET(ポジトロン放出断層撮影)などが行われます。

治 療 問診から判断して鼻咽腔炎が疑われる場合はできる限り、鼻から入れる耳鼻咽喉科用ファイバースコープ(内視鏡)によって発赤、腫れの程度、膿の存在の有無、炎症の範囲などを確認します。

1

また、首のリンパ節に転移を起こしやすいためリンパの腫れで異変に気がつくこともあります。 治療は、手術、抗がん剤、放射線などにより行いますが、進行がんでは、やなどの機能に障害を残す危険性が高くなりますので、早期発見、早期治療が大切になります。 急性咽頭炎 上記症状以外に、声が出なくなったり、食べ物を飲み込みにくくなったりします。

がんがさらに大きくなると、強い痛みや喉からの出血、くぐもったような声、呼吸困難などの症状が現れることもあります。 これに、抗がん剤や放射線治療を術前術後に組み合わせて行いますが、 治療医によってその方法は様々です。 咽頭は話す、食べる、呼吸するなど、人が人らしく生きるための機能を担っていますが、腫瘍が大きくなればなるほど治療に伴う機能低下が大きくなります。

20

また超音波検査も加え頸部リンパ節転移の有無も総合的に判断します。

20