司馬 遼太郎 おすすめ。 時代小説の初心者にこそおすすめしたい司馬遼太郎作品ベスト10!

ここでは、まず戦国時代を背景とした歴史小説のおすすめをご紹介します。

14

しかし司馬遼太郎は、もう少し突っ込んで 内助としてではなく、 共同経営者のごとく活躍させているようです。 商品名:新装版 功名が辻 1-4巻 セット• 田舎の医者にすぎなかった村田蔵六が、大阪で蘭学を学んだことから、宇和島藩から幕府、そして明治維新の雄、蔵六の地元長州藩へ取り立てられます。

当時の最新技術である 鉄砲を中核としたのが、紀伊の根来衆や 雑賀衆です。 幕末の混迷期に奔走する坂本龍馬を歴史的な背景に躍動感あふれる臨場感で書き残しています。 この西南戦争をクライマックスに設定して、明治期の激動の歩みが語られていきます。

4

司馬遼太郎作品で追ってみましょう。 後の日本に深く関わる軍人である秋山兄弟と、俳句と短歌によって近代文学を牽引した正岡子規の3人を基軸に書かれる日本の変貌模様は、非常にドラマティックでありながらどことなく身近な感覚を読者に与えてくれます。 そして、文学の道からこの激動の諸相を見つめた正岡子規。

3

家康三部作• その宿命に殉ずる潔さや、普通の人としていきたいと願いつつも思うようにならない苛立ちが表現されています。

「大徳寺散歩」は、千利休や細川忠興、狩野永徳から小堀遠州まで、錚々たる武将や文化人の足跡を辿り、一級の芸術が花開いた大徳寺の歴史を深く読み解いていきます。

19