純 恋歌 歌詞 付き。 【長文】湘南乃風『純恋歌』歌詞の全てを真面目に分析 〜なぜ俺は目を閉じて一番光るお前が見えたか

湘南乃風 純 恋歌 歌詞

だけど、その中でもお前は一番光っているよ(一途に愛しているよ)」ということになる。 この部分については、もう議論が尽くされているし、実際に「パスタ」によって「俺」が「お前」に「惚れ」てしまったのは事実なので仕方ないと片付ける他ない。 だが、「お前のことを比較としてではなく唯一愛しているんだ」ということを懸命に説明し、理解してもらおうとする努力こそが恋愛というものの過程そのものなのではないか。 当事者である「お前」に向けて誓えよ。 当然ながら、最大の問題は「パスタなどという誰でも美味しくできるものを作ったからと家庭的であるとみなし、あまつさえ急に惚れてしまうというのはいささか安易過ぎなのではないか」ということである。

Next

湘南乃風 純恋歌 歌詞

「ギュッと抱きしめた」ところのセクションでも季節は春だったにも関わらず、「おぼろげな月」には言及されるものの、あんなに目立つ「桜」については説明されないことからも、上記時期設定の推測は強度を増す。 まだ恋人同士になってもいないのに「嬉しくて 柄にもなくスキップして」いたほどだから、ここでの「一番光るお前」は他の「億千の星」の弱々しき光を飲み込むほど強烈に光っていたはずだ。 「ギュッと抱きしめた夜」とはすなわち、二人の交際が始まった時のことである。 「大好きな星」は、すなわち「一番光るお前」を言い換えたものである。 前半の「パスタ」とか「大貧民」とかのくだりを少し省略して、この辺の説明をもう少し詳しくして頂くことはできなかったのだろうか。 そして、人は嘘を付くとき、その傾向がさらに顕著になることも私たちは知っている。

Next

湘南乃風 純 恋歌 歌詞

増して、例えば、街で中年くらいの夫婦が手を繋いで歩いていたり、ちょっとベタベタしていたりするのを見ると、「キモい」とか言って馬鹿にする傾向にある。 なぜ俺は目を閉じて億千の星が見えたか 目を閉じれば 億千の星 一番光るお前がいる 初めて一途になれたよ 夜空へ響け愛のうた サビであり、この冒頭の部分を含めて3回リフレインされる。 「ずっと一緒」である交際中の男女が「バカップル」でいられるのは、せいぜい3ヶ月であろうと私は考える。 そして、文字として読んでも楽しめて、程よく想像の余地を残すこと、それこそが素晴らしい歌詞というものであると私は考える。 或いは、下記タグをコピー、貼り付けしてお使いください。 それは当然ながら、「好きって言いてぇ」の部分でわかる。 舞台が湘南だとすれば、桜の開花は3月下旬から4月中旬であるそうなので(参照:)、ギュッと抱きしめたのが遡って3月上旬頃、パチンコ屋に逃げ込んだのが4月上旬頃とみなしてほぼ間違いないと思われる。

Next

湘南乃風 純 恋歌 歌詞

まさにそのまま。 俺はここから一行ずつ解説していく 桜並木照らすおぼろ月 ここからは、前のセクションを受けてのストーリーである。 「守りたい女って思った 初めて」と歌われているが、サビの部分でも「初めて一途になれたよ」と、「初めて」が登場するのはこれで二度目である。 「なぁ」とは本当に何なのか 「なぁ」については、いまいちよくわからない。 恐らく全てのカップルは、当初は「おじいさんとおばあさんになっても手を繋いで、仲睦まじくしていようね」を志向するものの、「折り合いがつかない」現実に飲み込まれ、その夢は往々にして頓挫する。

Next

純恋歌 湘南乃風 歌詞情報

「皆バカップルだと思うだろ」に内包された「俺」の心情は、二通り解釈できる。 つまり、この部分を正確に記述するなら、「空に霧が覆う春の夜のこと。 「俺」は「思い出に殴られ」た後に「気付かされた」らしいが、つまり、「たくさんの楽しかった頃の思い出が蘇ってきて、大切な何かに気付かされた」ということで間違いない。 なぜ俺はパスタにベタ惚れしたのか 大親友の彼女の連れ おいしいパスタ作ったお前 家庭的な女がタイプの俺 一目惚れ 大貧民負けてマジ切れ それ見て笑って楽しいねって 優しい笑顔にまた癒されて ベタ惚れ 周知のパスタ問題 J-POPにおいて空前の大論争を巻き起こしている問題の部分である。 望み通り、夜空に響くといいと思う。 どちらも「大」という言葉で韻を踏んでいるので、これは韻が踏まれて当たり前なのである。

Next

湘南乃風 純恋歌 ユーチューブ無料歌詞付き

それぞれに帰る家があるのであれば、喧嘩をして居心地が悪くなった際には、自宅へ帰る、あるいは帰らせればいいのだが、「俺」は自分勝手に怒鳴りまくった後に、わざわざパチンコ屋に逃げ込んでいることから、二人の帰る場所は同一の空間であることが大いに推測される。 下品ですらあると私は考える。 とすれば、「おぼろげな月を見つめる君に釘付け」の部分、その月が「おぼろげ」であったとわざわざ説明されていることにも何らかの意味があるはずだし、何らかの意味が含まれていなければおかしいことに気づくはずである。 。 冒頭で、「夜なのだから目を閉じなくても星が見えるはずなのに、なぜわざわざ目を閉じたのか」という疑問を提示したが、ここまで来れば、その謎は明らかである。 源氏物語を熟読しろ。 私見では、聴いたときに発音として耳障りの良い言葉を選択して歌うことこそ重要であり、歌詞とはそのテクニックの見せ所であると思う。

Next

【長文】湘南乃風『純恋歌』歌詞の全てを真面目に分析 〜なぜ俺は目を閉じて一番光るお前が見えたか

「みんな幸せ、めでたしめでたし」といった感じのラストシーンで暴風雨警報が発令されていることは、絶対にない。 空に星は見えないけど、目を閉じれば億千もの星(たくさんの女性)が見える。 そのまますぎて、韻ですらないとは言い過ぎだろうか。 それに続く「大貧民」のくだりも、これについてはもう考えるのも馬鹿らしいというか、「ああそうなんですか」としか言いようがないのだった。 なぜ俺は目を閉じて億千の星が見えたか 目を閉じれば 億千の星 一番光るお前がいる 初めて一途になれたよ 夜空へ響け愛のうた お馴染みのリフレインである。 だが、現実を見渡した時、一体どれだけのカップルが実際にそうなっているだろうか。

Next

(湘南乃風)純恋歌 : 歌詞 歌詞 歌詞 情報

なぜ俺は何故かわからなかったのか 目を閉じれば 大好きな星 あんなに輝いてたのに 今では雲がかすめたまま それが何故かも分からぬまま 会いに 会いに行くよ… 会いに… 会いに行くよ… お馴染みのサビであるが、メロディーは同じであるものの、歌詞に変化が現れる。 ラブラブな時期はたった6行で終わって、今や修羅場だ。 従って、どちらかと言えば後者寄りの解釈のほうがより真実に近そうだ。 だが、もしそうだとしたら、「目を閉じれば 億千の星 一番光るお前がいる」という表現はあまりにも稚拙すぎる気がする。 景品の化粧品不要論 「パチンコ屋」の「景品の化粧品」などという、全然心がこもっていないように思えるものを持って「謝りに行こう」だなんてどうかしてる、という見解も世論として多く見受けられる。 巡恋歌 作詞 長渕剛 作曲 長渕剛 唄 長渕剛 好きです好きです 心から 愛していますよと 甘い言葉の裏には 一人暮らしの 寂しさがあった 寂しさゆえに 愛が芽ばえ お互いを知って 愛が終わる 別れは涙で飾るもの 笑えば なおさら みじめになるでしょう こんなに好きに させといて 勝手に好きになったは ないでしょう さかうらみする わけじゃないけど 本当にあなたは ひどい人だわ だから私の恋は いつも 巡り巡って ふりだしよ いつまでたっても恋の矢は あなたの胸には ささらない タバコを吸うなとか 酒を飲むなとか 私の勝手じゃないの 好きでもないくせに好きな 振りをするのは よして欲しいわ くやしいけれど ほれたのは どうやら私の方だったみたい 別れの舞台は どこで? しばらく経ってしまってからでは、「最近」などとは言わないだろうし、まして「付き合い悪い」のは当たり前になってしまって、誰もわざわざそんなことに言及しなくなるだろうからである。

Next