俺ガイルssベタ惚れ。 俺ガイル好きによるSSサイト : 八幡「俺はモテてはいなかった…」

のくす牧場 : SS 書庫

類似してるかもしれないスレッド• [newpage] それから数か月、旅をしながら俺は色んなものを手に入れた。 あまり褒められる趣味じゃないな」 「なっ! だからわざとじゃないって言ってるじゃないですかーっ! まったく……先輩はわたしをなんだと思ってるんですかねぇ……。 「でも、これから好きになるかもしれないじゃないですかー」 相変わらずな反応に頬が緩みそうになるのを堪え、不満を滲ませた声で言う。 けど、そんな葉山達は話を全く信じなかった。 完全に役満だ 」 八幡「 このまま黙っててもおそらく沙希がなんらかのアクションを起こすだろうが……… 」 八幡「 いや、それはあんまりだ。

Next

やはりわたしの青春ラブコメはまちがっている。

雪ノ下は……そうだな、憧れ、だと思う」 憧れ、ねぇ……。 「そっか……あはは、なんか、答え、分かっちゃった、かも」 切なげに笑い、語尾にいくにつれて声は萎んでいく。 そんな雰囲気だった。 」 息せき切ってぐいぐいっと顔を突き出してくる。 だいたい、本当に雪ノ下のことを好きかって聞かれてもイマイチぴんとこねぇ」 「なら……それなら、なんで結衣先輩の告白断ったんですか?」 「それは……」 口ごもる。

Next

のくす牧場 : SS 書庫

「だから言ってたじゃねぇか・・・・」 此処はゲームの世界じゃない。 寒空は容赦なくわたしの身体を責め立てるけど、先輩と一緒ならなんとかなりそうだ。 んー……どうするんだろ。 「はいはい、あざといあざとい」 普段と変わらない表情であしらわれた。 スカートのせいで足下から全身に這い上がってくる寒気に思わず肩を抱き、ぶるりと身体を震わせた。 黄金に輝く聖剣や見た目が一緒な真っ黒い聖剣(見た感じ魔剣にも見えるけど)そのせいで人間やめちゃってうえ、寿命という概念が消えた。

Next

俺ガイル好きによるSSサイト : 八幡「俺はモテてはいなかった…」

そういう顔したらダメですよ! 結衣先輩は多分分かってたんですから! 「あの、ね……分かってた、分かってたんだ……あたし。 「・・・・行くか」 戸塚、サキサキ無事でいろよ。 ついでに言うと魔物の死体やクラスメイトの死体なども多数転がっていた。 先輩、恋愛に正しい結論なんてありませんよ」 そんなものはない。 よかった……」 「ありがと、ヒッキー……。

Next

のくす牧場 : SS 書庫

あれ以降、平塚先生には奉仕部には来るなと言われるわ小町とは喧嘩しちまう始末だ。 わたしと先輩を交互に見て目をキラキラと輝かせる。 「いや、なんもねぇけどさ……ほら、アレだよ、アレ」 「ヒッキー……」 嬉しそうに顔を綻ばせる結衣先輩。 好きとかはまだ恥ずかしいのかー。 いまだになんとなくそんな気がするってだけ。

Next

#6 もしも一色いろはが比企谷八幡にベタ惚れだったら

「普通……そうじゃねぇのかよ……」 ぼそり、鎮痛な面持ちのままつぶやく。 間違いなく 「……はい、どうぞ」 八幡「あ、ありがとう」 「いつでもメールしてね、待ってるから」 八幡「ほ、本当に?」 「うん。 むしろ、ときには間違えることも必要まである。 「結衣先輩の告白を断ったのは、結衣先輩のことを恋愛対象としてみれなくて、それでいて適当に付き合うのも嫌だったから」 再び区切ると、先輩は頬杖をつき、落ち着かない様子で視線を泳がせながらも顎で続きを促す。 ただ、自分が嫌だからだと。 【俺ガイル】八幡「幼馴染か…」沙希「なんか文句あんの」 【俺ガイル】八幡「幼馴染か…」沙希「なんか文句あんの」 1: このSSは「もし八幡と沙希が幼馴染だったら」という設定に基づいています。

Next

#2 やはり俺が魔王に一目ぼれされるのはまちがっている・・・はず

わたしだって……先輩がそう言ってくれるなら今すぐ先輩に告白してる、多分。 ぴょこんと跳ねる毛がどこかの先輩との血縁関係を匂わせた。 「こ、こほん……で? 何の用だっけ?」 視線に耐え切れなくなったのか、わざとらしい咳払いとともに話を戻す。 もちろん理由は友達がいないからである。 「それで、待ってたっつーか……今度は最後まで聞こうと思っててさ。 やっぱり先輩に幸せになって欲しいじゃないですか……。

Next