ベルソムラ インタビュー フォーム。 医薬品のインタビューフォームを検索する方法|ヤクタマ

機序・危険因子:本剤の主な肝薬物代謝酵素であるCYP1A2を強く阻害する。 (2)抗炎症作用 不眠症の薬物療法では、ベンゾジアゼピン(BZ)系薬や非BZ系薬、メラトニン受容体作動薬などが用いられる。

14

医薬品情報• 減量用の規格として10mg錠がある スボレキサントの規格として、米国では5mg、10mg製剤があるという。

16

[食後投与では、空腹時投与に比べ本剤の血中濃度が低下することがある] (ロゼレム錠添付文書) ラメルテオンは、効果発現までには日数を要する薬物である。

11

「医薬品開発と適正な情報提供のための薬物相互作用ガイドライン」(2018年7月) (実践薬学2017,pp. 販売名 ベルソムラ錠20mg/ベルソムラ錠15mg/ベルソムラ錠10mg 名前の由来 特になし 一般名 スボレキサント 洋名:Suvorexant 製造販売元 MSD株式会社 薬効分類 不眠症治療薬 効能・効果 不眠症 用法・用量 1日1回20mg 成人 1日1回15mg 高齢者 就寝直前に経口投与 製剤の性状 フィルムコーティング錠 薬価 ベルソムラ錠10mg 69. 基質(相互作用を受ける薬物)は、そのCYP分子種で代謝される薬物である。

入眠障害と中途覚醒の両方に効果がある。 その結果、脳を覚醒状態から生理的な睡眠状態へと導く。 消化管吸収におけるCYP3A、P糖蛋白の寄与は不明瞭であることが多く、また両方が関与するケースもみられることに注意を要する。

14

そのように指導する医師も多い。