拘束 性 肺 疾患。 【換気障害】3つの分類(閉塞性、拘束性、混合性)

痰が多量に出る他、黄色の痰や血液がまじった痰が見られることも。

11

その他の気管支吸入試験と同様,運動誘発性気管支攣縮を診断するFEV 1の低下量は施設によって異なる。

8

不 非 可逆性の気流閉塞が特徴である。 拘束性換気障害について分かりづらいということですね。 肺の中に取り込む空気の量が減り、酸素と二酸化炭素 炭酸ガス のガス交換が不十分になります。

4

肺は生命活動に必須の酸素を取り入れるための重要な器官であり、肺炎によって引き起される肺組織の変質によって、酸素供給が著しく低下してしまうことになります。

18

それらに加えて、 拡張型心筋症や肥大型心筋症、閉塞性肥大型心筋症 HOCMあるいは二次性の心筋症(サルコイドーシスや左室緻密化障害など)、さまざまな 先天性心疾患(心房中隔欠損症、心室中隔欠損症、修正大血管転位症、動脈管開存症、肺動脈弁狭窄症、ファロー四徴症、エプシュタイン病、完全大血管転位症等)などなどがあります。 ・肺気腫に関係するもの 肺気腫に関係が深いものとして、 喫煙があげられる。 また、中年以降の人の場合、内因性喘息を起こしやすい。

3

肺コンプライアンスは上昇する。

19

呼吸器疾患の主な治療方法 それでは呼吸器疾患と診断された場合、どのような治療がなされるのでしょうか?代表的な治療法をご紹介したいと思います。 ・ 特発性肺線維症 肺が硬くなるため、息を吸っても肺が広がりにくくなり、肺としての機能が弱まります。 その他に、結核後遺症のように、結核などで拘束性換気障害になることもあります。

例えば鼻炎の場合、急性鼻炎は風邪の際に細菌やウイルスが原因で発生し、アレルギー性鼻炎はアレルギーが原因で発生します。

11

当然のことながら、日中にしっかりと呼吸ができなくなれば、さまざまな活動を楽しむ気力や体力がなくなります。 スパイロメトリーの結果が正常であるにもかかわらず喘息の疑いが高く残る場合は,非特異的な気管支刺激物であるアセチルコリンの合成アナログのメサコリンを用いた誘発試験が適応となり,これにより気管支収縮を検出または除外する。 間質性肺炎の原因は、ウイルス感染・膠原病の合併症・アレルギー・放射線・薬剤など多岐にわたります。

13