紅白 平手 倒れる。 欅坂46・平手友梨奈ら紅白で倒れる放送事故が物議(画像あり) 原因は過呼吸状態、回復後のメンバー写真公開も非難の声やまず…

『紅白歌合戦』のなかで、欅坂は危険曲『不協和音』を2回披露することになり、一度目はグループのみ 二度目は以前より『不協和音』を高く評価していた総合司会の 内村光良さんとのコラボでパフォーマンスを行い、その時に事件が起こりました。 「ただでさえ、そういう記憶が強く印象付けられた曲であることに加えて、年末のハードスケージュールをこなし、疲労が蓄積されたところでの、独特の緊張感がある紅白のステージで気負う気持ちも負荷になったのかもしれません。

14

完全燃焼といわんばかりに、本番後に倒れ込み、メンバーやスタッフに抱えられて退場した。 楽曲の世界観を「現在の自分でどう伝えきるか?」をとことん考えて実践する。 17年の時は本番で2人のメンバーとともに過呼吸のような症状で倒れたセンターの平手友梨奈(18)。

13

Sponsored Link スポンサードリンク まとめ 今回は紅白歌合戦で 欅坂46メンバーが過呼吸で倒れた事について 書いて参りました。

1

昨年はけがで欠席しており、倒れて以来の紅白のステージとなった。

ファンの人達は美化して『辛い中頑張った!』ってウルウルしてんのかもしれないけど、AKB関連の過呼吸ネタ本当にやめて欲しい。

7

曲終わりの『不協和音』のチームポーズを作る時に、センターを務める平手友梨奈が身体を震わせて苦しむ様子がカメラに映し出され瞬間、平手友梨奈はうなだれるように倒れ込んだのです。 なんで周りも同じ動きしてるのにこの子だけいつも倒れるの?演出じゃなくてガチならセンター向いてないよ…なんか見てて恥ずかしい。

1