地震 前兆 せっかく。 「大阪北部地震は、やはり南海トラフの前兆の可能性」専門家が指摘(高橋 学)

昨年の記事で筆者は、特に「西日本のフィリピン海プレート境界上で大地震が起きる」可能性について指摘したが、ちょうど11カ月目、その通りになってしまった。 東日本大震災から10年近い日が流れた現在も、「大地震の発生を防ぐ方法」は見つかっていません。 こうして見てきたように、2018年はすでに大阪北部地震と西日本豪雨という歴史的大災害が発生しているが、今年後半も引き続き警戒を怠ってはいけないことがわかるだろう。

4

— ぽちゃり pocharinco777 地震雲みたいな?🤔 — 雪飴(snowcandy) yukihuumi 地震雲かな?やば — あこ akotim 地震雲じゃないかなぁ。 そしてその先にあるのは……南海トラフ地震(スーパー南海地震、千葉から沖縄、台湾まで被害が及ぶ大地震)です。

ある日、通学中の上空や家の周りにカラスの大群があまりにも多く異様に思い、電線上に整列していたカラスを撮影した。 ライブカメラ• 深さは24㎞、緯度38度6. 犬がふだんと異なる行動をするときは、健康の問題によるケースもあるので、こうした観察や記録は診断にも役立つことがあります。

9

もうひとつ付け加えるなら、2011年、あの忌まわしい東日本大震災が発生するその3年前に、岩手・宮城内陸地震が起こっています。 投稿された内容や画像の著作権は投稿者本人が保有します。

今朝10日に宮崎県沖日向灘で 大きな地震がありましたが、 関東で地震が来る予感がします。 確かに、1~3月に比べると4~5月はやや多め。 『これは大きな地震が来るかもしれない』と思いましたが、当時の私には、発信する術がありませんでした。

11

松原氏は、2012年6月20日の「伏見城で大地震に」と題したブログで「高槻から思い出深い有馬温泉に一本の線が見えた」として、その意味について「秀吉が伏見城の天守閣で体験した事」と述べている。

12

投稿された内容や画像の著作権は投稿者本人が保有します。 2005年に生まれ、殺処分されるところを保護施設に引き取られて、老人ホームでセラピーの仕事をするオスカーは、死期の近い老人に寄り添う前兆行動で、死を予知する猫として有名になりました。 諏訪大社では、「三行半」(みくだりはん)を意味する最悪の凶相となり、今年前半に注意が必要とあった。

14

あの未曾有の大災害を経験した我々は、被害の実態だけでなく前兆現象まで含めて後世に伝える必要があるのではないか? そう考えてSNSやブログ上で呼びかけると、筆者の想いに賛同する人々が、3. 豊臣秀吉が伏見城で体験したこと、とは慶長伏見地震(1596年)にほかならない。 方角・日時等の撮影環境などの状況の記入も忘れずに! なお、管理人が不適切に感じた投稿や観覧される方が不快に感じると思われる投稿は即削除させていただきますのでご注意ください。

9