キãƒŗグダム ネã‚ŋバãƒŦ 604。 キãƒŗグダム604čŠąãƒã‚ŋバãƒŦīŧæŽæœ´čģãŽå…ąäŧ¯ã€é›ˇį‹›ãŽåŠ›īŊœåĩŒã‚ãĻもãĒおåŧˇã„īŧ

鞐į…–としãĻはäŋĄãŒåŧąãŖãĻいる時をį‹™ãŖãĻæˆĻうãĒãŠæą‚é“č€…ã¨ã—ãĻ垎åĻ™ãĒ部分。 大äēē気æ˜Ĩį§‹æˆĻå›Ŋ時äģŖæŧĢį”ģキãƒŗグダム、垅望ぎ604čŠąã¯ãĒんとīŧæˆĻいぎä¸ģ力を担うずき äŋĄ しん や įžŒį˜Ŗ きょうかい がį–˛ã‚Œã™ãŽãĻいãĻ力がå‡ēãĒã„ã¨ã„ã†åą•é–‹ã§ã™ã€‚

ここでįĢ‹ãĄã¯ã ã‹ã‚‹å°­é›˛čģã‚’倒せãĒければ、äŊœæˆĻがį“Ļč§Ŗすること間違いãĒしです。 それãĢåŋœãˆã‚‹ã‚ˆã†ãĢ、éŖ›äŋĄéšŠã¯é€˛ã‚€ãŽã§ã—た。

20

古äģŖã‚ŽãƒĒã‚ˇã‚ĸãŽãƒ•ã‚ĄãƒŠãƒŗク゚を䞋ãĢå‡ēすぞでもãĒく、歊å…ĩは密集しãĻįž¤äŊ“としãĻæˆĻうぎがã‚ģã‚ĒãƒĒãƒŧですが、李į‰§ãŽčģã¯į­‰é–“éš”ãĢįĢ‹ãŖãĻいるだけです。

æˆĻæŗã‚’å†ˇé™ãĢ捉えた、李į‰§å‰¯åŽ˜ãŽã˛ã¨ã‚ŠéĻŦ南慈は退却しはじめぞす。 ぞぁ思いつきãĒぎで、įŠ´ã ã‚‰ã‘ぎäēˆæƒŗではありぞすが。 明らかãĒ不刊ぎįŠļ態ぎ中、それでもäŋĄã¯æˆĻう。

19

ãĢ visiter よりâ€ĸ 「違う あれは大åĨŗだ 所äŊœã§åˆ†ã‹ã‚‹ã ã‚ã€ éŠšãå‘¨å›˛ã€‚ 「旊くも大将č‡Ēらおå‡ēぞしかよ でも掋åŋĩだãŖたãĒ、įŽ‹įŋĻ」 ãĒぜ、ここぞで傅æŠĩがäŊ™čŖ•ãĒãŽã‹ã¨ã„ã†ã¨ã€é›ˇäŧ¯å°†čģã‚‚ぞた李į‰§ãŽį›´ä¸‹å…ĩだãŖたからです。 æŽĸす手間がįœã‘た。

鄴ãĢæˆģるぞでぎį§ģ動時間が1æ—ĨかかるとしãĻã€æœąæĩˇåšŗ原でč˛ģやせるぎは一æ—Ĩぎãŋ。 「昨æ—Ĩ、垐林とかいうぎãĢ åˆēã•ã‚ŒãŸå‚ˇåŖかīŧŸã€ ä¸Ąå´ã‹ã‚‰äēŒäēēãĢčŠąã—æŽ›ã‘ã‚‰ã‚ŒãŸäŋĄã€‚

16

垌斚からæˆĻいをčĻ‹ãĻいたįŽ‹įŋĻは、į”°é‡ŒåŧĨがæŠŧされãĻいるぎを感じぞす。 é€†ã‚’č¨€ãˆã°ã€čģæ”ŋぎįĢ‹å ´ä¸Šã¯ä¸€éƒ¨å°†ãĢ過ぎãĒいįŽ‹įŋĻがここぞでぎ下čĒŋずとæē–備をしãĻいたぎãĢ、昌åšŗ君はホãƒŗトãĢäŊ•ã‚’ã‚„ãŖãĻいたんだīŧŸã¨č€ƒãˆã‚‹ã¨ãŸã‚æ¯ãŒã“ãŧれãĻきぞす。

14

キãƒŗグダム最新604čŠąãƒã‚ŋバãƒŦ「į–˛ã‚ŒãžããŖãĻいるäŋĄã¨įžŒį˜Ŗ」 įŦŦ604čŠąãŽå†’é ­ã¯éŖ›äŋĄéšŠãŽį™ģ場から始ぞりぞす。 そうį°Ąå˜ãĢ討ãĻるとは思えぞせん。 昨æ—Ĩ、čļ™åŗŠéžã‚’č¨Žã¤ãŸã‚2äēēともį„Ąį†ã‚’しãĻいる。