äģŠã™ãã‚ぎäēēãĢäŧšã„ãŸã„ã‚ˆãã†č¨€ãŖãŸã‚‰ãƒžãƒžã¯æ€’ã‚‹ã‚“ã§ã—ã‚‡éĄŒåã€‚ į„ĄįĨžįĩŒãĒ友äēēぎį™ēč¨€ã€č¨ąã›ãĒいし、įĩļį¸ã—たいīŧ

それからč§ĻãŖãĻãŋたいīŧīŧīŧã¨ã„う子䞛達 ãĒんとそぎお母さん さすがãĢãĄã‚‡ãŖと怖いãĒぁãĒんãĻč¨€ã„ãĒがら ã‚ģミをį´ æ‰‹ã§æŽ´ãŋぞしたīŧīŧīŧ 母再ãŗ銚愕īŧīŧīŧīŧ ただただすげぇīŧīŧīŧīŧīŧ 長į”ˇã‚‚一įˇ’ãĢãĒãŖãĻ元気ãĒã‚ģミãĢč§ĻらせãĻもらãŖãĻいぞした。 トピä¸ģさん、åŋ…ず毎æ—Ĩ、厚時ピッã‚ŋãƒĒãĢäģ•äē‹ãŒįĩ‚えられぞすかīŧŸ äŧšį¤žãŽæ–šé‡ã§æŽ‹æĨ­ãĒしだとしãĻã‚‚ã€æ‰“ãĄåˆã‚ã›ãŒãĄã‚‡ãŖとåģļãŗるとか、įĩ‚æĨ­å°‘し前ãĢおåŽĸさんからé›ģčŠąãŒéŗ´ã‚‹ã¨ã‹ã€æ™Žé€šãĢあるäē‹ã ã¨æ€ã„ぞす。 友äēēぎäē‹ã§ã€å°‘し゚トãƒŦ゚がæēœãžãŖãĻぞす。

しかも、ãŋんãĒが集ぞãŖた時ãĢ「あãĒãŸãŒãĄã‚ƒã‚“ã¨åššäē‹ã‚„ãŖãĻくれãĒかãŖたから。

6

äģŠãĄã‚‡ã†ãŠäģ˜ãåˆã†ã‚ˆã†ãĢãĒãŖãĻ3ãƒļ月į¨‹ãŒįĩŒãĄã€åŋƒãŽä¸­ã§ã ã‚“だんåĢŒã„ãĢãĒãŖãĻきãĻいるぎを感じぞす。 ä¸ģäēēはãƒģãƒģãƒģãƒģ ãžãã€æ‰€čŠŽäģ–äēēãĒぎでね。 。

äģ•äē‹ã‚„恋愛やåŽļ族ぎäē‹ãĒお、おäē’いãĢãĒã‚“ã§ã‚‚čŠąã—ãĻきぞした。 あとは「éĢ˜ã„éĢ˜ã„」「ブナãƒŗã‚ŗ」「éŖ›čĄŒæŠŸã€ãĒおį”ˇãŽæŠ€ã§ã€Œãƒ‘パがいいīŊžã€ã‚’ãŋつけãĻください。 į§ãĢは多感ãĒéĢ˜īŧ’ぎ娘がいぞすが、これも大変です。

14

先į”Ÿã”č‡ĒčēĢぎã‚ĩイトもあãŖãĻã€č‘—æ›¸ãŽéĄŒåãĒおもたくさんčŧ‰ãŖãĻぞすから。

å¤ĢãĢおんãĒãĢåĻ厚されãĻも「あãĒたはį§ã‚’åĻ厚しかしãĒいäēē」と思ãŖãĻã„ã‚Œã°å‚ˇã¤ãã“ã¨ã‚‚æ¸›ã‚Šãžã—ãŸã€‚ 昔ぎį§ãŒã„たぎでãƒģãƒģãƒģ。 そしãĻ、そんãĒ嘘åšŗ気でついãĻ、ぞた晎通ãĢįŦ‘ãŖãĻčŋ‘ãĨいãĻくるäēēとつきあãŖãĄã‚ƒã ã‚ã§ã™ã‚ˆã€‚

17

母čĻĒがįˆļčĻĒをバã‚ĢãĢしたりしãĒい限り、äŊ•ã‚‚åŋƒé…ã™ã‚‹ã“とはãĒいと思いぞすよ。 į§ã¯ãã‚Œã„åĨŊき、į•°å¸¸ãĒãģおぎきれいåĨŊきではãĒく、ごく晎通ぎです。

15

もうåˇģきčžŧぞれãĒいこと。 変ãĒ集å›Ŗ įļšãã§ã™ã€‚ もともと、おäē’いãĢマイペãƒŧ゚で、åŊŧåĨŗぎ斚はゆãŖくり、į§ã¯ã•ãŖさと旊くやりたいã‚ŋイプで、一įˇ’ãĢčĄŒå‹•ã™ã‚‹ã¨ãã¯ãŠäē’いãĢ合わせãĻきぞした。

14