転生したら悠々自適の皇妃ライフ 小説家になろう。 捨てられた皇妃みたいな小説又は漫画ありますか?ピッコマ小説家になろうこのふたつ...

冴えないままに終わった前世を後悔していた彼は、今度こそ輝ける人生を歩くために、モブであっても走り出す! ……あのとき、あの瞬間。

ミアとは顔を合わせるたび口論しているが、仲良くも見える。 「どうして君はそんなに不気味な研究ばかりするのか。

滝本未愛(たきもと みあ):ミア 日本で川に沈んでしまい、意識を失って目が覚めたら皇室のベットにいて、尋問されそうになっていた原作のヒロイン。 シュンとしている陛下を見て、ヤバイ・・・かわいいかも…と思ってしまうレアナ。

17

漫画「捨てられた皇妃」16話の登場人物 アリスティア・フィオニア・ラ・モニーク・・・主人公。 ミアも神女として帝国内を巡礼して歩き、人気も出て帝国内の安定に一役買っているようです。 パッフェルト王国名門ヴァランガ侯爵家が長女リリアナ・ペトル・ヴァランガは誰にも言えない前世の記憶を持っていた。

追い打ちをかけるように税金を払わされ、借金生活に転落。 エルメンティアの貴族の外見の特色は金や銀の髪色や派手な色合いを持っていたが、庶民は皆一様に、濃い薄いの多少の差はあるものの茶色の髪に茶色の瞳だった。 翌朝、動きやすい衣装で練習場にやってくるアリスティア。

18

15話ネタバレ! その後スぺラード侯爵がやってくる感謝の言葉とそれらしいことを話すスぺラード侯爵 「ところでうちの娘はどこに…」 と言い出すと すかさず 「あの子供は侯爵の娘ですか?」 と直球で質問をするサルバトール公爵。

ルマンはこれから国境に戻るところだったのだ。 身体が弱いので、鍛錬についていけるか怪しいところですが、未来であんな思いをするくらいなら耐えられそうですね。

2

確かにその通りなのだが、具体的に未来でどうであったかなど説明できない。 その立ち位置とは… 悪女。

11