兄貴 は 死ん だ もう いない。 マミさんは死んだ!もういない!とは (マミサンハシンダモウイナイとは) [単語記事]

ストレイト・クーガー:名セリフ集

アニキは死んだ!! もういない! だけど・・・ 俺の背中に この胸に ひとつになって生き続ける。 その関連で、ロシウにブチ切れしてましたし。 なんだ、問題は名前だったのか。 速さこそ世界、速さこそ全て、誰も俺のこの速さについてこれない…! そんな俺の素晴らしき勇姿を前にみのりさんは相変わらず口から泡を吹き続けている。 俺は誰よりも速さを愛する男、そして速さと省略は常にイコール! いちいち一つずつ細かく確認しているような時間は、この俺にはなーい。 自分はグレンラガンと言えば、 お前が信じる お前を信じろ を一番に思い出します!. は恐らくの名。

Next

ストレイト・クーガー:名セリフ集

ああ、何故に「速さ」はこんなにも理解されにくいのか… 「フヒャヒャヒャヒャヒャー!ブゥラァボォォォォォ!」 「あ、の、スピードを…!」 (水守) 「 みのりさん、俺はこう思ってるんです、旅は素晴らしいものだと。 速さに愛された男こと俺様の一世一代の見せ場だった筈が、よりにもよってスロウリィ!? 馬鹿な?何故だー!やはりキャラが濃すぎるからかー! 「本当に遅いですねえ〜」 (無常) 「じゃあ、これならどうだー! 瞬殺の!ファイナル・ブリットォォォォ!」 ファイナルウェポンまで繰り出したと言うのに、よもやあっさりひねられるとは…! 速さだけでは… やはり人は速さだけでは生きていけないのかー! 第24話:拳 「この男は何なんですかー!」 (無常) 「(背後から)カズヤだよ、シェルブリットのカズヤだ」 「貴様、いつのまに…」 「愚問だなあ、俺は誰よりも速く走れる男だぜー?」 「カズヤ、俺はこの子達を連れて出る。 作成者は4なので、作った理由は彼に聞いてほしい。 だがやられる時も即時速効、俺はいついかなる時でも速さを全てに優先させるのだー 「やれることがあるのなら行動なさい!貴女は選んだはずだ、違いますか!」 「……分かりました、ご無事で!」 (水守) 「まかせてください、 みもりさん」 「みもりです!」 「合ってるでしょー?ハハハハ」 たぶん最初で最後の正解… いや、確か前にも1回、あったっけな。 人々の出会いは先手必勝だと。 何故なら直線こそが速さに繋がるからー! あああ、みのりさーん 第12話:君島邦彦 「貴様、誰の味方だ。 そして無駄と相反するところにこそ速さは存在する! だから俺はディオが大ッ嫌いだー 「俺が俺の道を進むように、お前にもお前の道があるはずだ。

Next

天元突破グレンラガンでシモンの発言「アニキは死んだ!もういない...

5分のどんべえよりも3分のカップヌードル、金銭のやりとりがある吉野屋よりも食券制の松屋、 新幹線より飛行機、デスメタルよりメロスピ、遅漏より早漏! 速さだ、もっと速さをー! 第19話:常夏3姉妹 「自分に都合のい女性をねつ造し、悦に入っているだけの傲慢な男に、誰も振り向いたりはしないのさ」 「人形しか愛でることの出来ない男か、倒す価値すらない…!」 いくら世の中にクズ多しと言え、この来夏月ほどのクズは、そうお目にかかれるもんでもねえ。 今までの短縮記録を更に更新すべく会話にターボをかけた筈が、まさかそれをみのりさんにキャンセルされるとは… 流石みのりさん、俺の愛する人… 一筋縄ではいきそうもないー 「随分、勝手な真似をしてくれたなァ、しかも俺より速く逃げようとしている! どっちかと言うと、後者の方が、 気に入らないッ!」 「…あんた!?」 (カズマ) 「カズヤ?」 「カズマだ!!」 ホーリー本部に暴漢が侵入、まあそんなことはどうでもいい。 ば、馬鹿な…! お、俺の存在が…自己レゾンデートルが…崩壊…灰燼と化していく… 第8話:最悪の脚本 「ああーッ!オーバ、ストラクション〜!」 幼馴染みの劉鳳にならともなく、まさかカズヤにまでみのりさんをいいようにされるとは…! 何故だ!速さか?速さが足りないからかー! 第11話:アルターズ 「風力・温度・湿度、一気に、確認」 「ならば、やってやりますか」. 心労で死んだんだ。 桐生… み・も・り・さん」 「…ありがとうございます!」. もちろん逃げ足の速さだって宇宙一だー 第14話:無常矜侍 「OH!ジャマ!ジャマー!」 「………」 (水守) 「これ今、市街で流行ってるんですよ、つまらなかったですか寒いですかヒキましたか痛かったですか〜」 「…………」 「今度はもっといいのを仕入れてきますね〜 みのりさん〜」 「みもりです!」 劉鳳がいなくなって以来、ずっと元気のないみのりさんを励まそうと、 ちょっとお茶目なことしてみたら本気で怒られちまったー まったく女って奴ァ他のことは全部ノロマなくせに、切れるスピードだけは一人前ときてやがる。 そして、君も死ぬ。 「いかんいかん、世界を縮めすぎてしまったァ〜」 「こんにちは〜みのりさん〜」 「…み、みもりです…」 (水守) ドジを踏んでしまったみのりさんをさっそうと助けるナイトな俺! なのにみのりさんはちっとも俺に振りむいてくれない… 何故だ!速さか!まだ速さが足りないのか! いや、むしろ知能が足りないのか…!(ならお手上げだ) 「さあ、時間がありません、お早めに」 「貴男は、罪に、問われないのですか?」 (水守) 「誰も俺の速さを知覚などできません、安心してください」 「でも…!」 「お元気で。

Next

天元突破グレンラガンでシモンの発言「アニキは死んだ!もういない...

残り時間をホーリーで有意義に過ごしたかったが…」 「今からでも遅くないですよー」 「そうもいかねえ!あの無鉄砲で劉鳳にぞっこんな彼女が、俺はお気に入りなのさ!」 「強い人だ!ほれがいがある!残りの命を賭けるに値する!」 「 そうだ!俺は遂に見つけた!文化の真髄を!」 よりにもよって、まさか文化の真髄って奴が、報われない片思いだったとはとはなァ… 速さのみでは分からないこともあるってか、恋って切ないなァー、これもまた文化って奴なのかなー あああ、みのりさーん 「ああー、しかし、それでも貴男の恋は実らないー」 (無常) 「〜〜〜〜ンなこたァ分かってんだよ!この蛇野郎が!」 「…聞き捨てなりませんねェ」 「だったら一生抱えてろ! 受けろよ、俺の速さをォ!!」 「…俺の蹴りを避けた!?」 「遅すぎです〜」 「俺が遅い? 俺がスロウリィ!?」 「はいー」 「 じょーーーーーーーーだんじゃねえええええええ!」. さあ、お乗り下さい。 たとえそれが死に際であろうとも、俺は一杯の紅茶を楽しみ、また読書にいそしむだろう。 どうやら昔の知り合いらしいが、そんなことはもっとどうでもいい。 俺は何よりも速さを優先する男。 「カズマ…お前は限界を超えちまったんだなァ… だったら進め、徹底的になァ」 「劉鳳…少しくらい時間が出来たら戻ってやれよ…みもりさんの、ところへ…」 ちょっとばかし世界を縮めすぎたかなー、まさか自分の人生そのものまで縮めることになるとはなァ、 だけど俺は1ナノsecたりとも後悔しちゃいねえ、いわばこれは速さに愛された男の宿命なのだから… い、いや、あえて言うならば一つだけあるか、や、やはりあの時、本当に襲っておけばよかった… あああ、みのりさーん… 終 [ ]. 初期段階における生成の影響ですかァ?」 (無常) 「色々、行き急いじまったからなあ。 俺はクーガー、速さのみを求道し続ける男。

Next

天元突破グレンラガンでシモンの発言「アニキは死んだ!もういない...

開き直りではなく、カミナの言葉で何事も動いていた、 あのシモンが独り立ちしたことを表してると思います。 マミさんは死んだ! 「いいですか、俺はこう考えているんです。 何故ならこの俺より速く走るということは、この俺の存在価値をも否定するということだからだー 第5話:桐生水守 「こんにちはーみのりさーん」 「みもりです!」 (水守) 「貴男とはよくお会いしますけど、これは偶然ですか?それとも必然?」 「ん〜〜〜、俺はこう思ってるんです。 このひと、ひょっとしてカニの化身か何かかなァ? 「ここが…そうなのですか?」 (水守) 「ん〜〜フゥ?」 「誰もいないようですけど…?」 「ん〜〜〜〜フフフゥ〜〜」 「…! あなた!まさか!」 「…そうだとしたら、どう、しますかァ〜?」 「わたしは…ホーリーの…!」 「ホーリーの?」 「ホーリーの… 何でしょうねェ、みィのォりィさァァァァァァァァァん!」. 少なくとも、シモンはあんなに慕っていたアニキを 侮辱するような発言は絶対しないでしょう。 貴男は余命幾許もない。

Next

シモン

それにしてもみのりさん、実にいいはうはう顔をするなァ〜 そしてサドもスピードも頭文字はともにS。 穴を掘るなら、だし 掘り抜けたなら、だし 何より台詞の順番が違います - 銘無き石碑 2019年09月24日 14時14分 兄貴は死んだ。 人間は自由〜だと」 「 無理な命令や願いには拒否権を発動することができる嫌なことは嫌だと言い切る悩んで いる時間は無駄以外の何ものでもない (聞き取れない) 即決即納即効即急即時即座即答! それが残りの時間を有意義につか…あれ? 」 「敵に塩を贈りすぎたか〜 …俺は馬鹿だ!」. 穴を掘るなら天を突く 墓穴掘っても堀抜けて 突き抜けたなら俺の勝ち! 俺を誰だと思っている 俺はシモンだ カミナのアニキじゃない 俺は俺だ!! 穴掘りシモンだ!! 決して軽いセリフではないと思います。 とは、よく分からない記事である。 ひょっとして体の弱い人なのかなァー 「いやはや、シェリスらしい物凄い牽制ですね、みのりさん」 「…みもりです」 (水守) 「あっハァ、すみません、人の名前を覚えるのが苦手でェ〜」 どうやら彼女の名前は「みのり」じゃなくて「みもり」らしい。

Next

天元突破グレンラガンでシモンの発言「アニキは死んだ!もういない...

「みのりさん〜」から「〜〜〜ん!」までの時間は息継ぎなしで18秒。 俺は俺の味方です! 」 裏でみのりさんを助けたのが隊長にバレちまった。 いついかなる時でも、俺はダンディズムを忘れない。 しかも同時に「世界の盆栽」読破! どうせやるなら二つ同時の方が明らかに速い、即急即時即座即答!それが速さの基本原則だー 「人生、色々あるわなあ… これもまた文化…」 カズマに足四の字をかけつつ、劉鳳への恋心に悩むシェリスを見守るも、また乙なものよ。 もういない! それにしてもこの「罪と罰」はいつ読んでも文化的だなァ〜 「ハッハッハッハッハッハ!!みのりさん!」 「み…みもりです」 (水守) 「すいません… 実は俺、こう見えても人と違うことをするのが大好きなんです! 行きませんか?」 「興味あるんでしょ?アルター能力者同士のたたかいー」 「あ…いいのですか?」 「もちろん。 君が就職もせず甘えてばかりいるから。 楽しいドライブになりそうですー」 「…車…ですか?」 「やめておきますか?」 「い、いえ!行かせて…いただきます…」. 速さこそ真理、速さこそ真実、誰も俺のこの速さについてこれない…! そんな俺の素晴らしき勇姿を前に、みのりさんはまたもや口から泡吹いた。

Next

ストレイト・クーガー:名セリフ集

移動速度のみならず、ロー・ミドル・ハイとテンションの切り替わりまで速い。 体だけでなく二人の心の距離まで縮まっていくナイスなドライブ! 早く目的地に行きたい、でもずっとこうしていたい、この甘美なる矛盾、 簡単には答えは出てこない、しかしそれにうもれていたいと思う 自分がいるのもまた事実! (三守の頬が接触) ウヒョーーー!ファンタスティーーーーック!! 」 「俺は」から「事実!」までの時間は息継ぎなしで約13秒ー 速さこそ元気、速さこそ勇気、誰も俺のこの速さについてこれない! そしてみのりさんの頬が俺の肩に触れた今、俺はもう死んでもいーいー、ああーみのりさーん 第23話:シェリス・アジャーニ 「みのりさん!」 「…みもりです!」 (水守) 「アッハッハすみませーん。 そんな俺の女性に対するアプローチのモットーは、もちろん「迅速即決」。 分かりました、そこまで言うなら、この私が車でお送りいたしましょう。 自ら創造したアルターをも見捨てるとは、オタの風上にもおけねえ。

Next