喉 が イã‚Ŧイã‚Ŧ し ãĻ å’ŗ が æ­ĸぞら ãĒい。 喉がチクチクしãĻ、じわãŖとį¯„å›˛ãŒåēƒãŒãŖãĻ、å’ŗが我æ…ĸできãĒいį™ēäŊœã€å’Ŋ頭喉į•°å¸¸æ„Ÿį—‡ã€‘īŊœįšŠį´°éŠå‘Ŋ

いãŖたいäŊ•ãŒåŽŸå› ã§å’ŗがæ­ĸぞらãĒいぎでしょうかīŧŸ 「原因不明ぎå’ŗ」へぎ寞å‡Ļæŗ• 「č€ŗéŧģå’Ŋ喉į§‘や内į§‘でč¨ē察ãƒģæ˛ģį™‚を受けたãĢもかかわらずå’ŗがæ­ĸぞらãĒいâ€Ļ」。

8

éĸ¨é‚Ēぎ原因とãĒるã‚ĻイãƒĢã‚šã‚„į´°čŒãŽį¨ŽéĄžã¯æ•°į™žã‚’čļ…えぞす。 ゚トãƒŦã‚š 過åēĻぎ゚トãƒŦã‚šãĢよãŖãĻč‡Ēåž‹įĨžįĩŒãŒčĄ°åŧąã—喉ぎ違和感や息č‹ĻしいといãŖた不čĒŋがįžã‚Œã‚‹ã“とがありぞす。 īŧ”īŧīŧ’īŧŽå§ŋå‹ĸãƒģäŊ“åž‹â€ĸ éŖ´įŽ‰ã‚’čˆã‚ãĻごぞかしãĻいぞす。

7

č–Ŧで厌æ˛ģå‡ēæĨるį—…気ですぎで、攞įŊŽã›ãšãĢ「あやしい」と感じたらすぐãĢį—…é™ĸでč¨ē察しãĻもらいぞしょう。 クナミジã‚ĸãĒおぎ感染 åŖ内は非常ãĢ外部からぎäžĩå…Ĩが多い場所です。 ãĒぎで、副éŧģ腔į‚ŽãŖãĻã„ã†ãŽã¯åŽŸå› ãŽã˛ã¨ã¤ãĢありそうだãĒと。

喘息ãĢおける気道 喘息æ‚Ŗč€…ãŽæ°—é“ã¯ã€æŒįļšã™ã‚‹į‚Žį—‡ãĢより、上įšŽãŒå‚ˇã¤ãã€æ§˜ã€…ãĒåˆēæŋ€ãĢ寞しãĻ敏感ãĢãĒãŖãĻいぞす。 ã‚ĸãƒĢã‚ŗãƒŧãƒĢや゚パイ゚ãĒおぎåˆēæŋ€éŖŸå“ã‚’よく摂取する斚も同様ですぎでæŗ¨æ„ã—ぞしょう。 「å’ŗでį†ŸįĄã§ããĒい」とãĒれば、äŊ“はぞすぞすæļˆč€—し、č‡Ēį„ļæ˛ģį™’力も下がりぞす。

8

æ­¯åŒģč€…ãŽæ™‚ã¯åŋ…ず。

15

最垌ãĢãƒģãƒģãƒģ 喉がイã‚Ŧイã‚Ŧするį¨‹åēĻではį—…é™ĸãĢčĄŒã‘ãžã›ã‚“ã‹īŧŸ とãĢかく原因不明で1é€ąé–“ã‚‚įļšã„たら受č¨ēです。

18