鈴木 佐知子。 佐知子

自らの若年期以前に関する発言が上記の如くであるのに対し、成人となった頃以降に関して、壮年期における次のような発言がある。 」という発言もあったように 、鏡を見ることを嫌うのは、自身の顔立ちを好まないことによっていた。 『Twinkle Angels』で、「WINKの楽屋は、メチャクチャにぎやか。

3

2019年10月12日閲覧。 」と語っており 、自身が目立つことのみならず、「華やかなものが苦手」であるともしている。

one track memories(製造元:、レーベル:antenna、2009年10月25日) 脚注 [ ] [] 注釈 [ ]• テレビのゲスト出演番組多数のため、外部リンクで在京キー局でのテレビ出演の大部分が確認できる2000年以降については、「」の節の記述を裏付けるもののほか、特筆すべきもののみを抄録。 Jカップ童顔メガネ巨乳女子大生に変態衣装を着せて恥じらう姿を楽しみながらの追撃! 105cm(12月1日、)• (TBS系、2008年12月30日 火 相田翔子とともにWinkとして出演)• (TBS系、1998年11月20日 金 )• たとえば『ASAYAN』にしても、そのとき言ってしまったら、やっぱり暴露になっちゃうじゃないですか。

14

Winkの活動期間�. 」 「2~3年待ってみて、それでも飽きなかったら本物」 と、自身の飽き性な性格故に、慎重な態度を示したとする回想を行なっている。

4

(日本テレビ系、2010年1月26日 火 )• 憧れの巨乳女子大生とヤリたい放題! 」に起用され、初のCM単独出演を果たしている。 爆乳プレイでザーメンを搾り取る何発でも中出しOKの巨乳回春サロン (6月7日、unfinished)• 彼女が41歳の時、2010年11月に上梓した自叙伝『負けじ魂』では、小学2年生の時に歌手に憧れた際は、「私は自分の性格が飽きっぽいということも分かっていました。 Winkの各アルバムには、『』(1988年12月1日発売)を除き鈴木のソロ曲が1曲または2曲収録されており、のカバーやの提供曲などを歌っているが 、その他、鈴木単独としては、以下のような動向が見られた。

4日 土 の番組公録に出演。 施術と称して胸を揉みし抱く。 お姉ちゃんと同じ歳で相談とかできていいんじゃないかなと。

7

また、翌12月30日放送の『』(TBS系)においてもWinkとして出演 、「愛が止まらない」と「淋しい熱帯魚」を歌唱している。 Winkが結成された1988年においては、「サッチャンにはじめて逢った時、すっごく明るくて、元気いっぱいって印象だった。

17

可愛い顔してデカ尻! 」 「明るくて、いつもイキイキしている。 保育園NTR ~保育士の妻と子持ち男の最低な不倫中出し映像~(6月7日、)• 乳汚し(1月16日、グローリークエスト)• 16日 木 沖縄滞在。