ãĢんãĢく ぎ č‡­ã„ を æļˆã™ æ–šæŗ•ã€‚ åŗ劚でæļˆã™īŧãŋじん切りãĒおで手ãĢäģ˜ã„たãĢんãĢããŽč‡­ã„ã‚’æļˆã™æ–šæŗ•6選

ニãƒŗニクと一įˇ’ãĢéŖŸãšã‚‹ã¨åŠšæžœįš„です。

1

゚テãƒŗãƒŦã‚ščŖŊぎã‚Ŋãƒŧãƒ—ã‚‚ã‚ã‚Šãžã™ãŒã€åŽ‰äžĄåŽšæ˜“æ€§ã‹ã‚‰3つãĢįĩžãŖãĻãŠčŠąã„ãŸã—ãžã™ã€‚ é›ģ子ãƒŦãƒŗジでチãƒŗする é›ģ子ãƒŦãƒŗジで加į†ąã™ã‚‹ã“とãĢより、ãĢんãĢくぎ匂いぎ原因成分がåŧąãžã‚Šãžã™ã€‚

6

こぎäē‹ãĢé–ĸしãĻは、やはり歯įŖ¨ããŒä¸€į•Ēです。

19

čĒŋį†ãŽåˇĨå¤ĢとしãĻ、できるだけåˆģんだり、įŠē気ãĢ晒すことをéŋけることが挙げられぞす。

éŖŸå“ãŽãƒãƒĒフェノãƒŧãƒĢåĢ有įŽ‡ãĢついãĻčĒŋずãĻãŋぞした。

18

č‰¯ã„éĻ™ã‚ŠãŒéƒ¨åą‹ä¸­ãĢåēƒãŒã‚Šãžã™ã—、しわがつかずįļēéē—ãĢ䚞きぞすよ。