冬木 弘道。 理不尽伝説・冬木弘道

ただ、いずみは、4だけはどーにも、「???」なんです。 出場時は、「HUSTLE 03」と書かれた赤い半そでのジャージを着て(ハッスル14から)入場し、ハッスルブラザーズとして、同じFMW出身で同世代の、黒田と共に活躍している(このタッグは、ハッスルとでしか見ることが出来ない、「激レア」モノと呼ばれている)。

5

の第1回では準優勝している(優勝は川田)。 なお、冬木はその際に沢山の児童に囲まれて「大仁田になった気分だよ」と発言している(ヒールなので大仁田のようにファンに囲まれるような機会が無かったため)。

8

来歴 [編集 ] 国際プロでのデビュー [編集 ] 卒業後、(54年)5月6日にに入門。

4

冬木は天龍の指名で付き人になり、天龍は外様で肩身の狭い冬木を弟分のように可愛がった。

3

ノアは6日間で興行実施の手筈を整え、ノア及び三沢の全面協力を受けて、冬木はディファ有明にて引退試合(冬木・三沢・組vs・・組)を行い、22年間の現役生活に終止符を打った。 「彼女の名が世に知れたのは、1989年11月のことでした。 冬木スペシャル 川田利明のストレッチ・プラムとほぼ同形だが、本人曰く「指一本分角度が違えば、もう違う技なんだよ。

全日本へ移籍する際、井上らと共にジャイアント馬場に直接挨拶をしたが、冬木は馬場の前で黙って頭を下げただけで一言も喋ることはなかったという。 その後もら正規軍を苦しめる反面、ユニット「ブリーフブラザーズ」を結成し、白のバスローブに白いブリーフ姿(だけ、彦根観光ホテル・現:コンフォートホテル彦根の浴衣を着用)でコントを披露(実際は冬木は黄金のブリーフ争奪戦に参加しただけで、コントは邪道、外道、金村、雁之助、非道が行った)した。 1984年11月に海外初遠征。

16