大豆 レシチン 効果。 日野原先生ご愛用大豆レシチンの効果と飲み方

Ahmad, Xuebing Xu 2015 , Polar Lipids, AOCS Press, pp. 厚生労働省の平成26年調査によると、 高脂血症の総患者数は、206万人とされています。 過剰摂取と欠乏の影響を解説します。

7

基礎研究では、レシチン投与による性肝障害に伴うの繊維化との予防、肝障害(肝毒性のある物質やによる)の改善、イギリスの臨床試験で患者の有意な症状改善と組織学的改善が報告されている。

15

レシチンとはどのような成分か レシチンとは動物・植物から抽出された、リン脂質で、学名を「ホスファチジルコリン」といいます。 (蒲原聖可、平凡社、P455) 脳内のアセチルコリンの欠乏がアルツハイマー病や認知症の原因となっているとするコリン仮説という考え方があります。

15

また、水と親しみにくい脂肪であるコレステロール、中性脂肪、脂肪酸等と一緒になって、それらを水に溶けやすくする役目もしていますし、さらに細胞の中からコレステロールを取り除くときに働く酵素の作用を助けたりします。 また、レシチンは脳に多く存在するので「脳の栄養素」とも呼ばれ、スマドラ効果をもたらすとされます。 大豆レシチンは脳や血液環境を改善する効果を持つ便利な栄養素ですが、摂り過ぎてしまうと様々な 副作用が出ることがあります。

11

レシチンという名前は、ギリシャ語で卵黄を意味する「レシトース(leckithos)」にちなみ名付けられました。 ホスファチジルコリンは、脳内の伝達物質であるアセチルコリンの材料になる成分です。

17

その結果、動脈硬化を予防する効果が期待できます。

17