č„ŗ貧血 ã‚ģãƒĢフ チェック。 č„ŗč…Ģį˜ãŽã‚ĩイãƒŗ 初期からįžã‚Œã‚‹į—‡įŠļとã‚ģãƒĢフチェックぎ斚æŗ•

ãã‚Œã‚‰ã‚’čĄŒãŖãĻも再į™ēする場合は、「čĩˇįĢ‹čĒŋæ•´č¨“įˇ´æŗ•īŧˆãƒãƒĢトトãƒŦãƒŧニãƒŗグīŧ‰ã€ã¨ã„ã†č¨“įˇ´ãŒæœ‰åŠšã§ã‚ることがわかãŖãĻã„ã‚‹ãŽã§ã€ã€Œå¤ąįĨž. ã“ã‚Œã‚‰ãŽč˛§čĄ€ã‚’æĻ‚čĒŦしぞす。 一čˆŦãĢã€čĄ€åœ§ãŒäŊŽã„だけでは、į‰šåˆĨãĢå•éĄŒã¨ã¯ãĒりぞせん。

11

īŧ’īŧŽåŋƒæˆŋį´°å‹•ãŒã‚ã‚‹īŧš åŋƒæˆŋį´°å‹•ã¨ã¯åŋƒč‡“ぎ一部ぎåŋƒæˆŋが不čĻå‰‡ãĢ拍動īŧˆã¯ããŠã†īŧ‰ã™ã‚‹ãŸã‚ãĢã€č„ˆãŽãƒĒã‚ēムがバナバナãĢãĒãŖãĻã„ã‚‹ä¸æ•´č„ˆãŽ1į¨Žã§ã™ã€‚ č€ŗéŧģį§‘ã§čĄ€åœ§æ¸ŦãŖãĻčĩˇįĢ‹æ€§čĒŋį¯€éšœåŽŗ。 小įƒæ€§č˛§čĄ€ 【鉄æŦ äšæ€§č˛§čĄ€ãŒæœ€ã‚‚多い】 č˛§čĄ€ãŽãĒかで最も多いは、小įƒæ€§č˛§čĄ€ãĢåˆ†éĄžã•ã‚Œãžã™ã€‚

2

これはéŖŸį‰Šä¸­ãŽãƒ“ã‚ŋミãƒŗB12 をäŊ“内ãĢ吸収するためãĢåŋ…čĻãĒčƒƒã‹ã‚‰åˆ†æŗŒã•ã‚Œã‚‹å†…å› å­ãŒã€čƒƒã‚’å–ã‚‹ã“ã¨ãĢよãŖãĻãĒくãĒãŖãĻしぞうことが原因です。

14

気ãĢãĒる所からįĸēčĒã—ãĻãŋようâ€ĸ ぞた、äēŒæŦĄæ€§č˛§čĄ€ãĢ鉄æŦ äšæ€§č˛§čĄ€ãŒåˆäŊĩすることもよくありぞす。

4

č˛§čĄ€ãŒį–‘われるį—‡įŠļã‚„č˛§čĄ€ãĢãĒりやすいį”Ÿæ´ģįŋ’æ…ŖãĢはäģĨ下ぎようãĒもぎがありぞす。 ですから、めぞいと判断され、č€ŗéŧģį§‘ãĢčĄŒã‘ã¨č¨€ã‚ã‚ŒãĻくる。

9

゚ポãƒŗã‚ĩãƒŧãƒĒãƒŗク. å¤ąįĨžã™ã‚‹å‰ãĢ あくãŗã‚„å†ˇã‚„æą—ã‚„å‹•æ‚¸ã€åãæ°—ã¨ã„ãŖたã‚ĩイãƒŗをčēĢäŊ“がå‡ēしãĻいることがį‰šåž´ã§ã™ã€‚ é ­į—›ã‚„č‚Šã‚ŗãƒĒが多いâ€ĸ ãĒお、 æ•°åˆ†ã§æ„č­˜ãŒæˆģらãĒい場合はåˆĨぎį—…気かもしれぞせん。 ãƒģ再į”Ÿä¸č‰¯æ€§č˛§čĄ€â€Ļč–Ŧį‰ŠãŽå‰¯äŊœį”¨ã€éĒ¨éĢ„でčĩ¤čĄ€įƒãŒã¤ãã‚‰ã‚ŒãĒくãĒることãĢよãŖãĻčĩˇã“りぞす。

3

č„ŗč˛§čĄ€ãŽã‚¤ãƒĄãƒŧジが変わãŖたかもしれぞせんね。 č„ŗč…Ģį˜ãŽį—‡įŠļã¯ã€é ­č“‹éĒ¨å†…ぎ圧力がéĢ˜ãžã‚‹ã“とでčĩˇã“りぞすが、そぎ圧力はįĄįœ ä¸­ãĢややéĢ˜ãžã‚Šãžã™ã€‚ äŊ“は酸æŦ įŠļ態ãĢ。

11

äŊŽčĄ€åœ§į—‡ãŽį—‡įŠļがあぞりãĢåŧˇã„ときãĢは、かかりつけåŒģãĢį›¸čĢ‡ã—ãĻ、č–Ŧを服į”¨ã™ã‚‹ã“ともåŋ…čĻã§ã™ã€‚

6

しかし、į—‡įŠļぎį¨‹åēĻがéĢ˜ã„時ãĢã¯ã€ã‘ã„ã‚Œã‚“ã‚„éŒ¯äšąãŒčĩˇã“ることもありぞす。 č„ŗãŽčĄ€æĩãƒã‚§ãƒƒã‚¯ č„ŗã¸ãŽčĄ€ãŽæĩã‚ŒãŒæ‚ĒくãĒると、į‰Šã‚’åŋ˜ã‚Œã‚„すくãĒãŖãŸã‚Šã€é…ˇã„å ´åˆã¯č„ŗ卒中をåŧ•ãčĩˇã“す原因ãĢもãĒりぞす。

14