スパーズ 対 ウォリアーズ。 ウォリアーズがスパーズをスイープしファイナルへ、今POは無傷の12連勝 写真7枚 国際ニュース:AFPBB News

:2007-2010• 控え inactive PG: SG: 6th man SF: PF: C: 2015年レギュラーシーズン終盤のデプス ポジション スターター 2nd. スパーズからはが参加し、NBAの国際的な人気を決定付けると共に、バスケットボールブームを巻き起こした。 毎年、「強くて、真面目が当たり前」過ぎて、もはやメディアもことさら話題にしません。 ラウンド敗退 4, ダラス 3 クリフ・ヘイガン 1969-70 45 39. チームメイトが同じ試合でトリプルダブルを達成するのは、と以来20年ぶり。

1998年以来の ロックアウト でレギュラーシーズンは全66試合と短縮された。

4

0 806 2772 3578 2000 657 443 1146 1564 2015-16 82 67 15 8490 3289 6797 48. フィールドゴール成功率 52. 続く第5戦は、レナードの出場は見送られたが、パーカーに代わるとルーキー、レナードに変わるの活躍と、とこれまで調子の上がっていなかったが本来の力を取り戻し、114-75の大差で4勝目を勝ち取った。 もしこれが次戦でも続けられれば、相手はたまらないだろうね。

18

: 1985-1986•。

8

実力の拮抗する両チームによる1st. 8 614 1584 2198 1101 421 351 759 1010 1999-00 82 53 29 7886 2952 6393 46. このシーズンから、基本に忠実ではあるが、圧倒的な支配力を見せるプレースタイルから ビッグ・ファンダメンタル The Big Fundamental の愛称を得たを中心としたチーム構築が始まる。 :2004-2007 C 05 C 07• プレイオフで第1シードチームが8位チームに敗退することは、ファーストラウンドが7試合制になって以降としては史上2度目となる失態であった。 ポポビッチも「長年ヘッドコーチをしている中で、ウォリアーズのことを一番考えている。

13

しかし4戦目の戦でパーカーがキャリアハイの55得点10アシストの大活躍で連敗を止めた。 634 セントラル1位 カンファレンス準決勝敗退 4, スパーズ 2 ダグ・モー 1978-79 48 34. 」 ポポビッチに代わり2戦連続でヘッドコーチを務めたアシスタントコーチのエットーレメッシーナだが、彼はかつてユーロリーグでジノビリと師弟関係にあり2001年には王者に輝いていた。 私は彼が終盤に私たちの目の前でコーナー3を決めた時に笑ったんだ。

合計70点差をつけての優勝は、1965年のファイナルでがを相手に合計63点差をつけて優勝した時の記録を抜き、ファイナル史上最大得点差での優勝となった。 試合残り27秒にはダメ押しの3ポイントを沈めスパーズの勝利を決定づけた。

15

:1987-1989• ドラフト外選手には、、などがいる。

10

、ラリー・ブラウンの解雇に伴いポポヴィッチがに移り、こちらも名将の誉れ高いのもとでアシスタントコーチとなった。