åąąčŠ‹ ãŦか æŧŦけ。 į™ŊčœãŽæŧŦį‰ŠãŽäŊœã‚Šæ–šīŧˆį§˜äŧãŠã°ã‚ãĄã‚ƒã‚“ãŽãƒŦã‚ˇãƒ”īŧ‰

į››ã‚Šäģ˜ã‘ã‚‰ã‚ŒãŸé•ˇã„ã‚‚ ã“ã‚Œã§é•ˇčŠ‹ãŽãŦかæŧŦけは厌成です。 最初は、恋愛初期ぎようãĢæĨŊしくãĻ、毎æ—Ĩæœæ™ŠæˇˇãœãĻいぞした。

18

ãĒすぎ青į´ēč‰˛ã¯ã‚ĸãƒŗãƒˆã‚ˇã‚ĸãƒŗįŗģぎナ゚ニãƒŗ。

5

いじけたãŦかåēŠãĢはプãƒŦã‚ŧãƒŗトをあげると抟åĢŒãŒã‚ˆããĒりぞす。 ãŦかうおんäģĨæĨぎ投į¨ŋãĢãĒãŖãĻしぞいぞした。

2

【】 キムチぎéĻ™čž›æ–™ãŒį”ŸãŽčŠ‹į‰šæœ‰ãŽč‡­ãŋをæļˆã—ãĻくれるんです。 į™ēéŸŗだけだと分かりãĢくいですが、字としãĻčĻ‹ã‚‹ã¨ã€æ„å¤–と名はäŊ“ã‚’čĄ¨ã™å‘ŧばれ斚ãĒぎかもしれぞせん。 įŦŦ9äŊīŧšãƒ”ãƒŧマãƒŗ 夏がæ—ŦãŽé‡Žčœã§ã€į‹Ŧį‰šãĒéĸ¨å‘ŗがį‰šåž´ã§ã™ã€‚

åŠåˆ†ãžãŸã¯å››ã¤å‰˛ã‚ŠãĢしãĻæŧŦけるか、å‰ĨがしたキãƒŖベツãĢãŦã‹ã‚’ä¸€æĄã‚ŠåŒ…ãŋčžŧんでæŧŦけぞす。 常ãĢãŦかåēŠãŽæ°´åˆ†ãŒä¸€åŽšãĢãĒるぎで、į™ēé…ĩしすぎãĻ酸å‘ŗがåŧˇããĒりすぎることもãĒãã€é‡ŽčœãŽčŠ¯ãžã§ã‚ˆãæŧŦかる。 čŒ„å­ãŽãŦかæŧŦã‘ãŽč‰˛ãŒå¤‰č‰˛ã™ã‚‹ãŽã‚’æŠ‘ãˆã‚‹ãŽãĢ鉄įŽ‰å­ãŒã‚ˆã„と書いãĻありぞしたが、鉄įŽ‰å­ã¯ãŠã“で手ãĢå…ĨれられぞすかīŧŸ ぞた、キãƒĨã‚ĻãƒĒãŽå¤‰č‰˛ãĢも劚果がありぞすかīŧŸ マロãƒŗīŧšé›…さん、ご投į¨ŋありがとうございぞすīŧé‰„įŽ‰å­ã¯ãƒ›ãƒŧムã‚ģãƒŗã‚ŋãƒŧでåŖ˛ãŖãĻぞすよ。

9

よくお酒をéŖ˛ã‚ãĒいäēēãĢ寞しãĻも 「 äēēį”Ÿæã—ãĻる」ãŖãĻいうヒトがいるけお、į§ã¯ãœãŖãŸã„č¨€ã‚ãĒいようãĢしãĻいぞす。 äģŠã§ã‚‚ とろろはį„Ąį†ã ã‘お、čĒŋį†æŗ•ãĢよãŖãĻはįžŽå‘ŗしいことがわかãŖたぎは、 åąąčŠ‹ã‚­ãƒ ãƒã‚’éŖŸãšãĻから。 å”čž›å­ į´°ã‹ãåˆģã‚“ã å”čž›å­ã¯ã€å–ã‚Šå‡ēせãĒいぎでそぎぞぞでも大丈å¤Ģです。

重įŸŗがčļŗりãĒければ、į ‚įŗ–ã‚„åĄŠãŽčĸ‹ã€ãƒšãƒƒãƒˆãƒœãƒˆãƒĢãĢ水をå…ĨれたもぎãĒおでäģŖį”¨ã§ããžã™ã€‚ つぞり、 åˆēčēĢをéŖŸãšã‚‰ã‚Œãžã›ã‚“。 éŖŸãšæ¯”ずãĻãŋãĻ ãŦかæŧŦけは、äģŠãŽæ™‚期ãŦかåēŠã‚’å†ˇč”ĩåēĢãĢå…ĨれãĻいるぎでīŧ’æ—ĨãģおたãŖãĻもæĩ…æŧŦけでした。

5

とãĻã‚‚č‰¯ã„čŗĒ問をしãĻ下さãŖたぎで、čĒŋずãĻãĢæƒ…å ąã‚’čŋŊ加しぞした。 ã‚ŗãƒŗビニでビãƒŧãƒĢã‚’č˛ˇãˆã°ã€ã¤ã„ã¤ã„æĩ…æŧŦけを手ãĢとãŖãĻしぞいぞす。

17

åŽļでぎį‹Ŧり呑ãŋãĢ、ãŦかæŧŦけはæŦ ã‹ã›ãžã›ã‚“。 でも、あぞりãĢ構ãŖãĻあげãĒいと、愛情不čļŗでいじけãĻしぞいぞす。