プラチナ プリファード。 三井住友プラチナプリファードカードの損益分岐点は?

好みで選べるのが嬉しいですね。

12

プラチナカードなら順に500万円~1,000万円、100万円、1,000万円程度の補償があるのが一般的です。 特徴4. 複雑化していく決済をひとつにまとめて、シンプルでスマートな支払いが実現します。

5

これは嬉しいですね。

19

軽量をアピールしたカードとしている(だから海外旅行傷害保険も付いていることは付いているが、最大1億円補償してくれる従来型プラチナに比べると、最大でも3,000万円と見劣りする)。 Amazon、楽天市場、Yahoo! ご利用いただいた加盟店から三井住友カード(株)あて売上票の持込が遅れ、利用対象期間外に三井住友カード(株)に到着した場合、ご利用金額の集計対象となりません。 comが5%オフ ・プロテクション キャンセル・プロテクション 年間最高10万円まで ショッピング・プロテクション 年間最高500万円まで リターン・プロテクション カード盗難・紛失の場合の再発行 ・エンターテインメント&ショッピング ETCカード 年会費500円 初年度無料、一度でも利用があれば次年度無料 年会費無料 新規発行手数料1枚につき935円 2枚を比較してみると、三井住友カードプラチナプリファードよりもアメックスゴールドの方が付帯サービスは豊富だと分かります。

高還元率のサービス 宿泊予約やタクシー 利用が多ければ、有利と言えます。

旅行にあまり行かないという方は気にならないかもしれませんが、万が一の補償額が一般的なプラチナカードとと比較して半額というのは、デメリットになりうる点でしょう。 特約店の数からいうとプレミアプレファードの方が多いですから 特約店でのマイル還元率は以下の順位でしょう。 EPOSプラチナも還元率は高いのですが、他の2社と比較するとやや劣ります。