Iphone ロケーション 履歴 見方。 過去に訪れた場所や時間が一目瞭然! iPhone内の行動履歴を確認するには

一番先頭のユーザー名をタップし、「探す」をタップします。 個人情報とプライバシー設定より『アクティビティ管理』をタップします。 左上で、表示する期間を選択します。

12

iPhoneに記録される行動履歴を確認・削除する方法 iPhoneは位置情報をオンにしていると「行動履歴」というものが記録されます。 そんな便利なGoogleのマップサービスに、自分の移動履歴が記録・確認できる「タイムライン機能」が実装されているって知っていました? 今回はそんな「タイムライン機能」の使い方を見ていきましょう。

2

1:「Googleマップ」アプリを開きます。 「ヘルスケア」については、Appleでは「iOSの品質向上に役立てるため、解析、診断、使用状況に関するデータのご提供をお客様にお願いする場合があります。 任意の日、または全期間を削除できる ユーザー自身でタイムラインの情報(=過去のロケーション履歴)を削除できます。

4

2.下にスクロールしてSafariをタップします。 その場合は記事内で説明した方法で事前にロケーション履歴を停止したり、記録されてしまった履歴を削除しておきましょう。

8

なかには「でも自分の行き先は公開したくない」と考えて位置情報記録を「オフ」にしている人もいるはずだ。 Google Mapsなどのアプリは、位置情報をナビゲーションに使う場合、位置情報へのアクセスを許可するように促してくる。

一覧から「プライバシー」をタップし、「位置情報サービス」を選択します。 「すべて」と「不在着信」 「履歴」画面の上側に「すべて」と「不在着信」の選択肢があり、自由に必要な発信履歴を確認できます。 また、タイムライン上に記録した情報が合っているか質問が表示され、確認や編集が促される場合もあります。

10

アカウント履歴画面では、ロケーション履歴を表示させることができます。 予測交通経路指定のようなユーザに合わせたサービスを提供する際に使われます。 2.「位置情報サービス」をオフにする 「位置情報サービス」そのものをオフにすることで「利用頻度の高い場所」も同時にオフにすることが可能 です。

5

Step 2. 特に自分で登録もしていない「自宅」がしっかりと表示された時の驚きと言ったら…。 今回は、この行動履歴を見る方法と、削除方法、行動履歴を記録しない設定についてまとめて紹介します。

5