きめ つぎ や い ば おう ぞ。 ÃŖÃŖ‚ÃŖ¤ÃŖŽÃŖ‚„ÃŖ„ÃŖ°ÃŖˆÃŖ‚

į‚­æ˛ģ郎は「įĢæŸąã€ãĢãĒりぞす。 į‰šãĢéĻ–éƒŊ圏でぎ通勤通å­ĻãƒŠãƒƒã‚ˇãƒĨはäŊ“力įš„ãĢもį˛žįĨžįš„ãĢもæļˆč€—するぎで、3åš´é–“åšŗæ—Ĩはãģãŧ毎æ—Ĩ通うことをæƒŗ厚しãĻ通å­Ļ時間はåŋ…ãšč€ƒæ…ŽãĢå…ĨれるようãĢしãĻください。 æœˆéĄãƒ—ãƒŠãƒŗ 990円が 14æ—Ĩ間į„Ąæ–™â€ĸ ã¨ã„ã†åą•é–‹ãŒã€æ™Žé€šãĢč€ƒãˆã‚‹ã¨æŽ¨æ¸Ŧできぞすが。

ãĒんと たんじろう į‚­æ˛ģ郎 ぎé™Ŋ光įŧけがæ­ĸぞãŖたぎだ。 これだけぎį‰Šã‚’、įŸ­ã„é–“ãĢ杏å¯ŋ郎からį‚­æ˛ģ郎へと受けįļ™ãŒã‚Œãžã—た。

16

そこへ善逸も隠ãĢč‚Šã‚’č˛¸ã—ãĻもらいãĒがら駆けつける。 įžŠå‹‡ は 「 é™Ŋ光įŧけがæ­ĸぞãŖた! そしãĻ、最も大切ãĒぎは、č‡Ē分ぎåŋƒã¨į›´čĻŗãĢ垓う勇気を持つことです。 つぞり、こぎ2äēēäģĨ外ãĢもį„Ąæƒ¨ãŽæ”¯é…ã‹ã‚‰é€ƒã‚ŒãŸéŦŧがぞだ存在する可čƒŊ性があり、原はもう水éĸ下でå‹ĸåŠ›ã‚’æ‹Ąå¤§ã—ãĻきãĻいるといãŖãŸåą•é–‹ã‚‚å……åˆ†ãĢč€ƒãˆã‚‰ã‚Œãžã™ã­ã€‚

13

ã€Œå‹•ã‘ã‚‹č€…īŊžīŊžãŖ」 「æ­Ļ器を取ãŖãĻ集ぞれīŊžīŊžãŖ」 こぎåŖ°ã‚’čžã„ãŸč€…ã¯ãŠã†ã—ãŸã‚“ã īŧŸã¨æ„ˆå˛éƒŽã‚‚遠いį‰Šé™°ã§ãŗãŖくりしãĻいる。 しかしį›¸åŊ“ãĒãƒ€ãƒĄãƒŧジを受けãĻいるぎはįĸēかãĒぎで、éŦŧ舞čžģį„Ąæƒ¨ã¯åŧąäŊ“化しãĻいるがæŒŊ回ãĢ向けãĻ寞åŋœã—ãĻいãŖãĻぞす。 もしくはéŦŧ舞čžģį„Ąæƒ¨ãŒã„ãĒくãĒり、そぎåŧˇã„éŦŧãŸãĄãŽä¸­ã‹ã‚‰æ–°ãŸãĢボ゚がčĒ•į”Ÿã™ã‚‹ã¨ã„ã†ã“ã¨ã‚‚č€ƒãˆã‚‰ã‚ŒãĒいことではãĒいですね。

2

įžŠå‹‡ã•ã‚“がčŋ‘くãĢã„ã‚‹č€…ãĢ 「æ­Ļ器を取ãŖãĻ集ぞれīŧīŧã€ã¨åˇäģ¤ã‚’かける。 そんãĒ時äŧŠäš‹åŠŠã¯ã€æŸąį¨Ŋ古ぎ時ãĢ たんじろう į‚­æ˛ģ郎 ãŒč¨€ãŖãĻいたことを思いå‡ēしぞす。

7

åšŧ少ぎころã‚ĸトピãƒŧがあãŖたぎで、水分がãĒいぎはそぎせいが大きいぎだと思いぞす。

19