å°žãĻいéĒ¨ į—›ã„。 å°žãĻいéĒ¨ãŒį—›ã„ときはおうするīŧŸ 原因と寞å‡Ļæŗ•īŊœåĨåēˇīŊœčļŖå‘ŗ時間

もし尞ãĻいéĒ¨ãŒå‡ēãĻいるせいでäģ°å‘けãĢ寝るぎがį—›ããĻつらい場合は、 č†ãŽä¸‹ãĢ枕をå…ĨれãĻ寝ることãĢã‚ˆã‚Šč…°ãŒåãŖãĻå°žãĻいéĒ¨ãŒåēŠéĸãĢéŖŸã„čžŧã‚€ã“ã¨ãŒé˜˛ã’ãžã™ã€‚ おå°ģぎéĒ¨ãŒåŊ“たãŖãĻį—›ã„し、鎖éĒ¨ã‚„あばらがæĩŽãå‡ēãĻいãĻæ­Ŗį›´įļēéē—ãĢį—Šã›ãŸã¨ã¯æ€ãˆãžã›ã‚“。 č„ŠæŸąįŽĄį‹­įĒ„į—‡ã€ãƒ˜ãƒĢニã‚ĸãĢついãĻã¯ã“ãĄã‚‰ã‚’ã”čĻ§ãã ã•ã„。

7

ぞずはブãƒĒã‚šãĢおé›ģčŠąãã ã•ã„īŧ å°žãĻいéĒ¨ãŒã‚†ãŒã‚“でいる可čƒŊ性 ãžãšã¯ã“ãĄã‚‰ãŽį”ģ像をごčĻ§ãã ã•ã„。 ãĒぜį—›ãŋがį”Ÿã˜ã‚‹ãŽã‹īŧŸ äģĨ上ぎようãĢ、尞ãĻいéĒ¨ãŽæ­Ēãŋがあることが原因ぎīŧ‘つãĒãŽã§ã™ãŒã€åŽŸã¯ãžã ãžã åŽŸå› ãŒč€ƒãˆã‚‰ã‚Œãžã™ã€‚

į”Ŗ前とį”ŖåžŒã§ãŠãĄã‚‰ãŽæ–šãŒį—›ãŋがå‡ēやすいかは、個äēēåˇŽãŒã‚ã‚Šã™ãŽã‚‹ã§ã§ä¸€æĻ‚ãĢã¯č¨€ãˆãžã›ã‚“ã€‚ īŧŠæ–ŊčĄ“æ–šæŗ•ãŒãĒいといいぞしたが、一åēĻはåŋ…ずåŒģå¸ĢãĢ かかることをお勧めしぞす。 į—›ãŋãĢč§Ŗ攞されãĻ、晎通ãĢį”Ÿæ´ģできるようãĢãĒりぞしょう。

2

ããŽãŸã‚č…°ã‚’ä¸¸ã‚ã‚‹ã¨į—›ãŋやしãŗれがå‡ēやすくãĒりぞす。

7

ãĄãĒãŋãĢ鎖éĒ¨ã¯ã§ãĻいるけれお あばらはæĩŽãå‡ēãĻいぞせんね。 å°žãĻいéĒ¨ã¯æ¤…子ãĢåē§ã‚‹ã¨ããĢ åē§éĸãĢåŊ“たるため、 é•ˇæ™‚é–“åē§ãŖãĻいたり、 å°ģã‚‚ãĄã‚’ã¤ã„ãŸã¨ããĢ į—›ã‚€ã“とがありぞす。 é’åąąį…§å­æ§˜ 40äģŖ 小į‰§å¸‚ į—‡įŠļãĢついãĻčŠŗã—ãã¯ã“ãĄã‚‰ é–ĸé€Ŗ記äē‹. おå°ģぎį­‹č‚‰ãŽã€Œå‡ã‚Šã€ãŒįĨžįĩŒã‚’åˆēæŋ€ã™ã‚‹ãŽãŒåŽŸå› ã§ã™ãŽã§ã€ã“ぎ「凝り」をč§Ŗæļˆã™ã‚‹ã“とがæ˛ģį™‚とãĒりぞす。

16

かãĒりį—›ãŋがå‡ēãĻ、æ˛ģį™’するぞでãĢ数ãƒļ月かかることがありぞす。