電気 通信 主任 技術 者。 電気通信主任技術者(伝送交換)資格の勉強方法│shachi's info.

ぶっちゃけ、実務経験でドンピシャなことしていないと厳しいです。

19

試験科目が免除されるもの 無線従事者 現有資格 受験資格 免除科目 伝送交換主任技術者 第一級総合無線通信士 第二級総合無線通信士 第一級海上無線通信士 第二級海上無線通信士 第一級陸上無線技術士 第二級陸上無線技術士 無線工学の基礎 無線工学A 第三級総合無線通信士 無線工学の基礎 線路主任技術者 第一級総合無線通信士 第二級総合無線通信士 第三級総合無線通信士 第一級海上無線通信士 第二級海上無線通信士 第一級陸上無線技術士 第二級陸上無線技術士 無線工学の基礎• 参考書やテキストで基礎を勉強したら、 あとはひたすら過去問を繰り返し解くのが王道の勉強方法。

18

テキストを広げることができる場合は紙ベースで解いていき過去問を平均80点を超えるようになっていきました。 学科 伝送交換 の合格率 実地 線路 の合格率 2級電気通信工事施工管理技士 57. 取得者数の推移 年度 伝送交換主任技術者 線路主任技術者 平成17年度 39,572 16,604 平成18年度 40,071 16,917 平成19年度 40,841 17,312 平成20年度 41,654 17,745 平成21年度 42,553 18,297 平成22年度 43,559 18,725 注1 伝送交換主任技術者には従前の第一種伝送交換主任技術者を含む。 電気工事士の方が圧倒的に簡単 電気通信主任技術者と電気工事士なら、電気工事士の方が難易度は低いですね。

4

電気通信システム 「伝送交換」と同等• 理由は2つあります。 弱電系の資格の中ではの資格などと比較して難易度が高い資格ですし、事業場に選任義務があるがゆえに需要は高そうですが、すでに選任している場合があったり、 1都道府県に一人いれば他のすべての事業所で兼任することがあったりすることから、電気通信主任技術者の需要はそこまで高くはないようです。

8

あと、この資格を持っていると工事担任者試験の「基礎」と「法規」が免除になりますね。 〇 〇 〇 短期大学若しくは高等専門学校の 電気通信工学科卒業者 電気通信設備に卒業後2年以上 〇 伝送交換設備に卒業後5年以上 〇 〇 伝送交換設備に卒業後8年以上 指導監督的実務経験1年以上を含む。 30%?以外と高いじゃんと思うかもしれませんが、これは科目合格を含めて合格した率になるので、少し簡単な印象を与えています。

おまけ程度に勉強して、受かればラッキーくらいに考えておくとよいでしょう。

3