Excel リスト。 指定したデータがリスト内に存在するかどうかを確認する:Excel 一般|即効テクニック|Excel VBAを学ぶならmoug

スポンサーリンク プルダウンする選択肢を増やす必要が出た場合には プルダウンで表示される選択肢を増やしたくなったら、 操作は簡単! 選択肢用のデータを、セルに追加で入力するだけ。 リストの範囲A2からA7をドラッグ選択します• 『リストから選択』(若葉マーク)• 「元の値」のボックス内をクリックしてから、入力するデータを準備したセル範囲を選択して「OK」ボタンをクリックします。

9

データの入力規則画面 が表示されます• また、このように、複数列に入力していても、ドロップダウンリストとして 設定できません。 [入力値の種類 A ] の右側の矢印を操作して [リスト] を選択します• 入力値の種類で「リスト」を選択します。 ここで注意すべき点は2つ。

15

あまりにたくさんのタスクを扱っていたり、割り込みで急ぎの仕事を頼まれたりすると、どうしても見落としてしまうことってありますよね。 タグで探す• Excel2003以前では別シートのリストを入力値とするには、やがあります。

B3セルに入力規則のリストが設定できました。

17

九州地方の場合は、リストの空欄は1つであまり気になりませんが、四国地方の場合はリストの空欄が大きくなっていて気になります。 データ数の計算をシートで行って、数式をちょっと簡単にする• 今回は、タスクの期限が迫っていることを教えてくれるTODOリストの作成方法を解説します。 あらかじめ同じシート内に入力するデータのリストを作成しておく方法です。

この操作は重要なため、忘れずに実行します。 セル範囲A6:B6を選択し、名前ボックスに「品名」と入力します。 データ範囲の先頭行 見出し行 には定義する名前「九州」を入力してあります。