マルヌ の 戦い。 1918年春季攻勢

そこで連合国はロシア革命への干渉を計画し、1918年3月には英仏米三国軍がムルマンスクに上陸、を支援するを開始した。

13

第1軍は持ち堪えていたものの、8月20日にフランス参謀総長から、第1軍・第2軍に対して撤退命令が出された。

12

そのとき各国が戦争回避のために採ったのがビスマルク時代に典型的に見られる 勢力均衡論であった。 ルーデンドルフの狙いは英軍と仏軍との分断であった。

20

激しい雨が止んだ後7月1日にのイギリス軍師団は右翼のフランス弟6軍と共に前進を開始し、が開始された。

12

フランス軍は翌年になっても防御的な戦略に終始し、攻勢計画は全てイギリス軍にゆだねている。

11

ロシア軍に相対するルーデンドルフは 「援軍は不要!」と断りますが、小モルトケは、己の天運も、部下の能力も信じることができませんでした。 毒ガスの使用は1899年に制定された違反であった。

18

ドイツ第6軍が防衛線から出て逆襲に転じると、第2軍は敗走した。 私は、捕まらなかった人たちのほうが好きだ」と発言し、侮辱的だと指摘されている。 See also• ドイツ軍は当時、100万という大軍でパリに迫っていたが、7月にはその進軍がストップ、病気の蔓延と補給路が断たれたことで兵士の体力、気力が急激に衰え、そこに連合軍が新たな兵士を投入して反攻に出たため、11月に休戦条約が締結されて戦争は終わった。

15