エアー プランツ 飾り 方。 エアープランツの種類と飾り方・葉や根が枯れかけた時の対処法

エアープランツの種類と飾り方・葉や根が枯れかけた時の対処法

さりげなくテーブルに飾ってみたり、お皿にのせてテーブルセッティングに加えたり…など、まずは手ごろなところから取り入れてみてはいかがでしょうか? 一般的に販売されているほとんどのエアプランツは、ある程度の大きさに成長した後、毎年花を咲かせます。 水に浸し過ぎるとエアプランツが窒息して枯れてしまうのでご注意を。 そのオブジェのような姿から、インテリア性に富み、手軽に天井から吊るしたり(ハンギング)、壁に掛けたりと、自由自在の飾り方ができます。 2-3.ガラス容器に飾る ガラス容器にエアプランツを飾ることで、透明感のある優雅な雰囲気のオブジェになります。 増やし方は2パターンあり、1つは 「種」で増やす。 グリーン・観葉植物を買ったはいいけどどんな飾り方をしたらいいのか、どんな種類を買えばいいのか難しいですよね。

Next

一気におしゃれ!エアープランツの素敵な飾り方をご提案

メッシュラックを選ぶことで、複数のグリーンを飾りながらも圧迫感のないインテリアに仕上がっています。 特徴として、メラノクラテルをキュっと細くして、株全体の質感をシーディアナにした感じ。 吊るしたり• エアプランツをトイレに置いても良いのですが、風通しであったり、日光の面からみても、良い場所とは言い切れません。 飾り方は無限大! いかがでしたか? 手軽に育てることができるエアープランツは、初めて観葉植物を育てる方や、家を空けがちな忙しい方にも簡単に始めることができます。 葉の部分が内側に巻き込んできましたら、水が不足していますので霧吹きの回数を増やしてください。 吊るす エアプランツをワイヤーでつなげて吊るし、のれんのように配置した飾り方。 株の部分を長時間湿らせておくと枯れてしまう原因になりますので注意してください。

Next

エアープランツの種類と飾り方・葉や根が枯れかけた時の対処法

2)観葉植物にエアプランツをぶらさげる。 どちらも100円ショップで購入可能なので、ガラス容器の形とエアープランツの組み合わせを着せ替えのように、手軽に楽しむことができます。 ボトルに挿してハンギングで吊るすというのもひとつですね。 クランプした株はボリューム感があり、一斉に花を咲かせてくれたら、それは素晴らしい光景になります。 エアープランツののポイントは2つ、水やりと日光です。 ただ置いてあるだけでオブジェとして様になるため、プランターの準備などが必要ない手軽なインテリア性が魅力ですね。 針金などで超特大のキセログラフィカをラティスにぶらさげてみました。

Next

不思議なエアープランツ・チランジア飾り方や品種・育て方を知ろう!

この品種は一度乾燥で皺などがよってしまうとソーキングをしても元には戻せないので水分不足にならないように注意しましょう。 電球テラリウム 電球テラリウムの中にエアプランツを入れてみても、かわいくなります。 ) 子株:花が咲き終わると、子株を作るものと、枯れてしまうものがあるようです。 まさに生きたオブジェとして、お部屋をおしゃれに彩ってくれます。 ただ強すぎる日光は葉焼けの原因となりますので、気をつけてくださいね。 まだまだご紹介しきれない程のたくさんの飾り方があります。

Next

エアプランツの飾り方!100均アイテムでオシャレにアレンジ!

エアープランツは土が必要ないので、そのまま棚やデスクの上に置いたりしても楽しめます。 その不思議な魅力をご堪能ください 関連記事:エアプランツの種類『』 チランジアについて『』 1.エアプランツってどんな植物?? エアプランツとは、土のない空中で育つ植物です。 主婦目線でのお役立ち情報なども盛りだくさんですよ~! また茎がとても折れやすいので、子株を切り離す際は手でつまみ、ゆっくりと丁寧に取りましょう。 ラギッドな雰囲気を醸し出す流木とグリーンのバランスが素敵ですね。 ぜひぜ皆さまのお部屋にもかわいいエアプランツを置いてみてくださいね。

Next

エアプランツの飾り方や育て方|観葉植物 Dictionary|ブルーミングスケープ

また季節ごとの小物と組みあわせる楽しみ方も可能ですよ。 実際、バンコク内の植木屋さんでは小さい株のものが置いてあるだけで大物がありませんでした。 チランジアを育てる際に大きな環境の違いはありませんが、自生している場所によって手入れの仕方や育て方は変わってきます。 葉や根から雨や空気のわずかな水分を吸収・成長するため土を必要とせず、置く場所を選ばない便利さが人気の秘密ではないでしょうか。 お皿に入れて• そのため、夕方から夜間に水を与えるのが理想的です。 よく、「土も水も不要」という謳い文句で販売されていますが、植物なので水は必要。

Next