年金 確定 申告 不要。 年金受給者の確定申告不要制度

1500• 雑所得(個人年金)• 自分で調べると、複雑で理解しづらいのではないでしょうか。 民間の生命保険等の保険料を支払った人 生命保険、医療保険に加入し、保険料を支払っている場合は、控除対象となる。

5

申告不要の人でも申告を行えない訳ではないので、たとえば以下のようなケースでは確定申告を行い、所得税の還付を受けましょう。

国民健康保険税などの社会保険料を納めている• 現役時代、相当な高給取りでない限り、なかなか公的年金だけで400万円いかないですから。 それぞれの要件は次の通りです。

8

これはどのような意味でしょうか? 公的年金とされるものは、次の通りです。 2 課税される所得金額に所得税の税率を乗じて、所得税額を求めます。 配偶者の保険料が特別徴収されている場合は、世帯主が口座振替で支払い社会保険料の控除額を増やすことを検討しましょう。

9

そのため所得税の確定申告が不要となった場合でも、住民税の申告が必要となる場合があります。

13

<公的年金等の源泉徴収票の記載例> 引用元: 次に、公的年金以外の収入を把握し、所得の種類ごとに所得金額を計算し合計する必要があります。 夫の海外赴任を機に大手証券会社を退職し、タイで2児を出産。 下記画像の 青枠内に記載があれば、源泉所得税が天引きされています。

7

65歳以上の人は、公的年金等から所得税、介護保険料、個人住民税、国民健康保険税、が天引きされます。 年金の確定申告時に注意すべき所得控除は4つ 年金の確定申告をする人で、70歳以上の人は次の4つの所得控除に注意してください。

毎年決められた期日内に申告できるよう、予めきちんと準備しておきましょう。 ===少し細かな話になります=== 一般的には所得税で有利になると、住民税でも有利になるため問題はありませんが、 上記確定申告の不要制度の条件に該当した上で ・ 所得税のために税務署に確定申告書を提出すると不利になる(例えば2ヶ所以上の年金がある)が、 ・ 住民税のために市町村に確定申告書を提出した方が有利になる 場合がまれにあります。

4