ãƒĄãƒŠãƒŧド 化į˛§å“ã€‚ æ—ĨæœŦãƒĄãƒŠãƒŧド化į˛§å“ã€č‚ŒãŽįžŽã—さをäŊŽä¸‹ã•ã›ã‚‹ ã€Œč‰˛ãƒ ãƒŠã€ãŒį”Ÿã˜ã‚‹ãƒĄã‚Ģニã‚ēムをč§Ŗ明īŧ

čŗŧå…Ĩ品 čŗŧå…Ĩ場所 劚果 é–ĸé€Ŗワãƒŧド ãƒĄãƒŠãƒŧドぎã‚Ēã‚­ã‚ˇã€ã‚‚ã†äŊ•åš´ã‚‚äŊŋãŖãĻいぞす。 īŧˆãŸã ã—化į˛§å“ã‚’少しでもäŊŋãŖãĻしぞãŖた場合はīŧŽīŧ§ã§ã™īŧ‰ ãƒĄãƒŠãƒŧãƒ‰ã§ã¯ã€ãŠč˛ˇã„ä¸Šã’čĄ¨ãŽčŖãĢクãƒŧãƒĒãƒŗグã‚ĒフãĢついãĻãŽč¨˜čŧ‰ãŒã—ãŖã‹ã‚Šč¨˜čŧ‰ã•ã‚ŒãĻいぞすぎで厉åŋƒã§ã™ã­ã€‚ ただし、勧čĒ˜ãŽåŧˇã•ã¯åē—čˆ—ãĢよãŖãĻį•°ãĒるぎでæŗ¨æ„ã€‚

7

īŧˆæ–ŊčĄ“åžŒãŽã‚ĸドバイ゚、おåŽĸ様ぎį€æ›ŋえ、ハãƒŧブテã‚Ŗ、おčĻ‹é€ã‚Šãžã§ã§15分īŧ‰ äēˆį´„枠ぎゆとりがãĒいと、ここぞでã‚Ēãƒ—ã‚ˇãƒ§ãƒŗぎį¨ŽéĄžã‚’į”¨æ„ã§ããĒいぎで、 ãƒĄãƒŠãƒŧドはしãŖかりīŧ‘äēē1äēēぎäēˆį´„æž ã‚’č¨­ã‘ãĻいãĻゆãŖたり過ごせそうです。 はじめぞしãĻ į§ã‚‚äģŠã‚ģナピ゚トをしãĻいãĻおåŽĸ様をåĸ—やしãĻいるところです ただ、å ēãŽåŠ č­ˇãĄã‚ƒã‚“ äģŽ さん同様 æœŦåŊ“ãĢč‡Ē分ぎ思いをäŧãˆã‚‹ãŽã¯é›ŖしくãĻâ€Ļ やãŖãąã‚Šã“ãŽã‚ˆã†ãĒæĨ­į•Œã€č­Ļ戒しãĻいる斚も多くãĻ čŠąã™ã‚‰čžã„ãĻもらえãĒいぎがæ—Ĩ常čŒļéŖ¯äē‹ã§ã™ã‚ˆã­ã€‚ ã‚‚ãĄã‚ã‚“ã‚ŗãƒŧ゚ぎおすすめはされぞすが、はãŖãã‚Šã¨ã€ŒæŒãĄå¸°ãŖãĻč€ƒãˆãžã™ã€ã¨č¨€ãˆã°ãã‚ŒäģĨ上åŧˇãč¨€ã‚ã‚Œã‚‹ã“とはありぞせん。

4000åē—ãŖãĻ、圧倒įš„ãĢ多い数ですよね。

8

勧čĒ˜ã‚‚ãģとんおãĒいですしね。 åŖã‚ŗãƒŸã‚’å‚č€ƒãĢする時ぎポイãƒŗトは、 īŧ‘äēēぎ意čĻ‹ã ã‘ではãĒく、多くぎäēēぎ意čĻ‹ã‚’čĻ‹ãĻ判断することです。 ãƒĄãƒŠãƒŧãƒ‰ãŽã‚¨ã‚šãƒ†ã¯ã€Œãƒ•ã‚§ã‚¤ã‚ˇãƒŖãƒĢ」ぎãŋ ãƒĄãƒŠãƒŧドぎエ゚テでは、 ボデã‚Ŗã‚ąã‚ĸはãĒく、デã‚ŗãƒĢテīŧˆéŽ–éĒ¨å‘¨čžēīŧ‰ã‹ã‚‰éĄ”ぞでぎį¯„å›˛ãŽã‚ąã‚ĸができぞす。

2

č‚ŒãŽč‰˛ãƒ ãƒŠã¯č‚ŒãŽįžŽã—さをäŊŽä¸‹ã•ã›ã‚‹čĻå› ãŽã˛ã¨ã¤ã§ã™ã€‚ 一į•Ē銚いたぎはč‡Ēåˆ†ãŒã„ãšã‚ŒãƒĄãƒŠãƒŧドぎ商品をåŖ˛ã‚‹ã“とやそれãĢついãĻぎå¤ĸを持ãŖãĻ参加しãĻいるというäēē間ãĢãĒãŖãĻいたということですīŧį§ã¯ãã‚“ãĒčŠąã‚’čžã„ãĻいãĒかãŖたし、そこãĢ集ぞãŖãĻã„ãŸæ–šãŸãĄã¯æ—Ĩを重ねãĻいくãĢつれãĻåē—é•ˇã‚„į¤žå“Ąã‚’į›ŽæŒ‡ã—ãĻã„ã‚‹æ–šãŸãĄã ã¨įŸĨり、č‡Ē分は参加するãĢあたりäŊ•ã‚‚čžã‹ã•ã‚ŒãĻいãĒかãŖたし、あるį¨‹åēĻįŸĨč­˜ãŽã‚ã‚‹æ–šãŸãĄãŒå‚åŠ ã•ã‚ŒãĻいる中、č‡Ē分はついãĻいけずでとãĻも気分がæ‚ĒかãŖたです。 į´„50分間ぎã‚ŗãƒŧ゚ですが、前垌ぎã‚Ģã‚Ļãƒŗã‚ģãƒĒãƒŗグもåĢめ90分ãģおãŋãĻãŠãã¨č‰¯ã•ãã†ã€‚

9

ãƒĄãƒŠãƒŧドãŖãĻおんãĒäŧšį¤žãĒぎかãƒģãƒģãƒģä¸€č¨€ã§č¨€ã†ã¨ã€ 「化į˛§å“ãĢč‡ĒäŋĄã‚’持ãŖãĻいるäŧšį¤žã€īŧ č‡Ēį¤žã§åŒ–į˛§å“ãƒģåĨåēˇéŖŸå“ãŽį ”įŠļからæ­ŖしくäŊŋãŖãĻもらうぞでをおäŧãˆã™ã‚‹ãŸã‚ãŽã‚¨ã‚šãƒ†ãžã§ã€åĨŗ性ぎįžŽåŽšãŽãƒˆãƒŧã‚ŋãƒĢでã‚ĩポãƒŧトするäŧšį¤žã§ã™ã€‚ こぎエãƒŗドã‚ģãƒĒãƒŗ受厚äŊ“Bがåĸ—加することで、į´Ģ外įˇšãĢより毛į´°čĄ€įŽĄãŽį•°å¸¸ãĒæ‹Ąåŧĩがčĩˇã“ることが分かりぞした。

17

マãƒŗã‚ˇãƒ§ãƒŗぎ一厤でやãŖãĻいるåē—čˆ—ã‚‚ã‚ã‚Šã€é–‰ã˜ãŸįŠē間ぎãĒかで1寞1ぎįŠļ態で勧čĒ˜ã•ã‚Œã‚‹ã¨ã€ãĒかãĒか断りãĨらいですよね。 けãŖこうå›ēめ重めぎテク゚チãƒŖで、ぴたãƒŧãƒŧãŖã¨ãŠč‚ŒãĢ密į€ã—ぞす。

2