ライカ m マウント。 ヤフオク!

そんなときに検討してみてほしいのが、 エルマー50mm F3. 5(2月発売) - 4群5枚。 レンジファインダーカメラ自身が一眼レフやノンフレックスカメラの陰で技術革新から取り残されたような形になっているためだろうが、現代の技術を導入すれば、けっこう面白いカメラができそうな気もする。 ヘクトール135mmF4. ブラック仕上げです。

7

これは、 M型ライカのボディ本体側でレンズの焦点距離を感知して、ファインダーの枠(ブライトフレーム)を自動的に切り替える機構のため。 戦前のライカ用レンズの多くを生み出した名光学技術者がマックス・ベレーク(Max Berek, 1886〜1949)。 5(発売 ) - スクリューマウント。

11

定番中の定番オールドレンズが、 ズミクロン(Summicron)50mm F2です。 最短撮影距離1m。 75mの4ステップで距離計非連動。

4

眼鏡付きレンズ M型ライカ用の35mm広角レンズについて紹介する上で外せないのが 「眼鏡付き」レンズ。 その代わりに距離計との連動が必要になるのだが、これについては後述しよう。

14

ズマール5cmF2 - スクリューマウント。 ケンコー [ ] が製造したレンズ。

12

6群7枚。

19

またポートレート用だとして用途を限定している。 ステマー33mmF3. 他社のMマウントアダプターを組み合わせて使用可能• 5(画像は後年のモデル) さて、そんなライカレンズは初期の時点で非常に高性能なものでした。 初期のライカIA型に装着されていた50mm F3. 最短撮影距離0. レンズ先端に金属製の専用フードとフードキャップを装着できます。

50mmを選ぶか35mmを選ぶか これからM型ライカを初めて手に入れる初心者の方に1本目のレンズとしておすすめなのが 50mmか35mmのレンズです。 フルサイズのミラーレス一眼カメラが登場して、古今東西のレンズの味を簡単に体験できるようになりました。 Mマウント。

11